【初心者必見】その運転大丈夫?人をイライラさせてしまう運転とは?

車のお役立ち情報

こんにちは!ゼロクラウン系YouTuberのシルバーパールです😊

 

  • 人にイライラさせる運転ってなに?
  • 人から「お前、運転下手だな」と言われた!
  • もしかしたら自分も無意識にやっているかも…?

こんな方に向けて今回の記事では その運転イライラさせる運転を解説していきます。

この記事を読んで人がどんな運転対してイライラするのか、を知れたらと思います😀

スポンサーリンク

イライラさせる運転とは

人にイライラさせる運転とはどんな運転なのでしょうか?

大きく分けて

  • ペースを乱す運転
  • 予想外の運転
  • 恐怖を思わす運転

が挙げられると思います。

ここからは具体的に多くの人がイライラする運転はどんなものなのか、解説していきます。

 

坂道でアクセルを踏まない→渋滞

坂道手前なのにアクセルを踏みこまず、結果速度低下を引き起こし、後続車にブレーキを踏ませる運転です。

本来ならば、速度低下防止のため坂道手前でアクセルをグッと踏むものですが、人にイライラさせる運転をする人はそのままの速度で坂道に侵入します。

後続車は坂道前にアクセルを踏んでいるので、急な速度変化にブレーキを踏まざるを得なくなり、結果として渋滞、となってしまいます。

坂道の手前になったらアクセルを踏んで速度低下を防ぐ。大事なことです。

 

道路にゴミをまき散らしたり唾を吐く行為

道路は自分のもの」とでも思っているのでしょうか。

言うまでもなく、道路に様々なものをまき散らかすのは非常に迷惑&不快極まりないですよね。

本人はカッコつけなのか…それとも自分が良ければそれで良い、と思っているのかわかりませんが、人間として恥ずかしい行為をしている気が付かないようです。

絶対に真似をしてはいけません。

 

一定の速度を保てない運転

速度が安定しない車は後続車にとって非常に迷惑です。

後続車は前車との車間距離を意識しているわけですから、前車が急にスピードを上げると釣られて自分もアクセルを踏むものです。

そこで急に速度を落とされると後続車はブレーキを踏まざるをえなくなります。そしてそのブレーキが後続車にどんどん連鎖していき、結果として渋滞の原因になっていきます。

“自分の運転が後続車に影響している”

この意識をしっかりもちつつ、周囲の流れに沿って運転してほしいものです。

 

右左折時に不必要に膨らんでしまう

交差点を曲がるとき、右折ならあらかじめ右側に寄り、左折なら左側に寄って右左折するものですが…一部の人はわざわざ逆方向に一度膨らんでから曲がる人がいます😅

大型トレーラーやバス、トラックなどは大きさと道路の構造で膨らまないと右左折できない箇所があるので仕方ありませんが、一般車は…そんな必要はありませんよね。

こういった運転は間違いなくカッコつけの運転ですが、非常に危険な運転なのは間違いありません。

膨らんで曲がろうとすると抜かそうとした後続車と事故になりますし、また膨らむことによって死角も増えるので巻き込み事故の原因にもなります。

膨らむ=危険な運転なのは間違いありません。

 

無駄なブレーキが多い

後続車は前車との車間距離を保って運転しています。

そのため不必要なブレーキが多いと、後続車は「なにかあったのか」と思って速度を落とします。

本当になにかあってブレーキを踏んでいるのなら問題はありませんが、その多くは無意識に踏んでいる人が多く、結果として後続車をイラつかせ、あおり運転を誘発することに。

あおり運転は最悪の最悪ですが、それを誘発させる運転もよくありません。

周囲のペースを乱す運転は迷惑行為。ブレーキは必要な時だけ踏んでほしいものです。

 

車間距離を不必要に詰める

“無駄なブレーキが多い”と同じ内容となってしまいますが、前車が不必要に車間距離を詰めているのを見ると気分の悪いものです。

また、車間距離を詰めていることでブレーキを踏む回数も多くなるため、周囲の流れも乱します。

その前にそもそも車間距離不保持は違反ですし、気持ちに余裕のない運転は事故を誘発させます。

こういった身勝手な運転をせず、気持ちに余裕を持った運転をしてほしいですね。

 

建物の出入り口をふさいでしまう

運転初心者に多い、停車時に建物の入り口を塞いでしまう行為。

停車時にほんの少し気を利かせてスペースを開けてあげれば、お互い気持ちよく運転できるものの、ついうっかりして塞いでしまったときは対向車の流れを止めてしまい気まずい思いすることに。

停車時にほんの少し気を付ければ改善できることなのでぜひ意識してほしいものです。

 

ゆっくりすぎる発進(自分よがりのエコ運転)

エコドライブを意識してなのか、信号が青になってもゆっくりすぎる発進をする車がいます。

道路が混雑していないときはゆっくりすぎる発進をしても問題ありませんが、朝や夕方のラッシュ時にそれをやられると渋滞の元となってしまいます。

本来ならば、信号が青になって10台通過できる交差点が、そういったゆっくり発進のおかげで5台しか進めなかった、なんてことはザラです。そしてそういった運転が渋滞に繋がっていきます。

自分だけのエコを考えず、地球全体のエコを考えてほしいものです。

 

追い越し車線を占有して走行してしまう

こちらも初心者にありがちな運転ですが、追い越し車線を占有し続けるのは迷惑運転極まりないです。

運転者は「まだ追い越したい車がいる」と思って運転しているのかもしれませんが…ときにはミラーを見て後続車の長い列に気づいてください。

そもそも追い越し車線は、追い越したら走行車線に戻らなければいけないのでそもそも走り続けることはできません。

特に初心者の方は前方を見るだけでなく、前後左右の状況を見ながら運転してほしいものです。

 

急ブレーキ、いきなりウィンカー

急ブレーキ、いきなりウィンカーは言うまでもなくイライラさせる運転です。

イライラというよりも、非常に危険な運転なのは間違いなく、煽らせ運転になりかねません。

関連記事煽り運転、煽られる方が悪いのか?煽られる側にも原因がある?

煽り運転、煽られる方が悪いのか?煽られる側にも原因がある?
煽り運転は煽られる方が悪い?こんな疑問を持っていませんか? 今回の記事では ・煽られる運転とはどんなものか ・煽られないためにはどうしたらいいか ・急接近された場合の対処法 について解説していきます。 この記事を読んだ後は、車の運転についてもう一度考える良いきっかけになると思います。

こういった運転をする人は、道を知らないから急ブレーキやいきなりウィンカーをしてしまうのです。

そういった運転をしないために、知らない場所に行く前に目的地を事前にチェックし、間違いが起きないよう入念にチェックしてほしいものです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は無意識にイライラさせる運転についてご紹介しました。

他人ごとと思わず、書いている自分にも戒めを、と思って書きました。

みんなで楽しいカーライフを送りましょう!

この記事の他にも運転に関する記事はこちらにあります↓

運転のコツ記事集はこちら!

 

他の記事も読んでみませんか?

この記事のほかにもYouTubeでは現在300本以上の動画を投稿しています。

下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも【点灯動画あり】ヘッドライトをLEDに交換したい!おすすめ商品を5つ紹介!

【点灯動画あり】ヘッドライトをLEDに交換したい!おすすめ商品を5つ紹介!
最近流行りのLEDバルブ。 時代はハロゲンからHIDに変わり、そしてLEDになりつつあります。 今回の記事では ・各バルブの違い ・失敗しないための事前知識 ・安心おすすめメーカーのご紹介 について解説します。 5つ中4つの商品は点灯動画有りなので、商品購入時の参考にしてください😀

という記事や

体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!
車の調子、悪くなっていませんか? 新車から1年、5年、10年とどんどんパワーが落ちていくもの。 原因はカーボン汚れ。とくにマツダ車や直噴エンジン車はカーボン汚れが溜まりやすいです。 そこで今回は、カーボン汚れ落としに最適なガソリン添加剤をご紹介します。 この記事ではガソリン添加剤の選び方と私が体感できた商品のみ、ご紹介します!

も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました