車が古くなると燃費が落ちるのはなぜか?この記事を読めば原因と対策がまるわかり!

車ネタ

こんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

 

  • 古い車は燃費が悪くなる?
  • 燃費改善するにはどうしたらいい?
  • お金のかからない今すぐ実践できる情報がほしい!

 

大事に乗り続けている愛車も、時を同じくすればするほど燃費が悪化してきます。

気にしないように、気にしないように、と目をそらし続けるも、カードの請求時の金額を見ては

「燃費悪いな・・・」

と思っていませんか?

大事な車、長く乗り続けたいと思っても、ガソリン高騰時の毎月の支払いは厳しいものがあります。

 

今回の記事の内容は古い車でも燃費が改善する方法3選をお伝えします😊

この記事を読むことで今すぐ実践できる内容から、お金をかけてでも改善できる内容となっておりますので、燃費を改善させたいあなたにとってかなり有益な内容になっています。

ぜひ最後まで読んでくださいね😁

なぜ古い車の燃費は悪くなるのか?

第一に、車の年式によるもともとの性能の低さが挙げられます。

実際の数値を見ると、2018年販売された車の平均燃費(JC08モード)は22.0㎞/ℓとされており、2011年の17.8㎞/ℓと比べるとその差は歴然です。

参考資料:国土交通省:ガソリン乗用車のJC08モード燃費平均値の推移

もちろん燃費は車種にもよりますが、昔より現代の方が格段に燃費が向上しているのは間違いありません。

 

第二に街の近代化が進んでいることが挙げられます。

令和元年の首相官邸ホームページから出典した資料では、1999年の信号機の数は約170,000台ですが、2017年では205,000台と約20%増加しています。

信号機が増加すれば、都会ならではのストップアンドゴー運転が増えるため、古い車にとっては非常に厳しい運転コンディションとなり、燃費がガンガン下がる傾向になります。※先に解説した平均燃費の推移は向上しているので、車の燃費性能は格段に向上しているのがわかりますね。

出典:首相官邸ホームページ:交通信号機の現状と高度化に向けた課題について

 

第三に古い車ならではの劣化が挙げられます。

車は機械ですから、年数が経過する毎に新品時よりも性能が落ちていきます。

各パーツの汚れの詰まりであったり、オイル系の劣化、車体の歪み、消耗品の寿命オーバーなど、挙げたらきりがありません。

これらは定期的にメンテナンスをしてあげることで未然に防ぐことができますが・・・人間というものは怠け者なので、どこかで「この部品は今交換しなくてもいいか・・・」なんて思ってしまうものです。

そういった怠けを一つ一つ積み重ねていくことによって、小さな問題から大きな問題へと繋がっていき、燃費悪化への道を進んでいくのです。

なんでも早め早めで対処していくのがベストなのは間違いありませんね😊

 

長年共にした愛車の燃費を改善する方法

古い車の燃費を改善することは可能です。

予算をかければ燃費が向上するのはもちろんのこと、自分を磨くことで燃費を改善できます。

では予算順に解説していきます😁

 

今すぐ実践!“ワンランク上の自分”になる!

あなたの運転、助手席の人は気持ちよさそうにしていますか?

車の燃費に一番直結するのがドライバーの運転。

車はアクセルを踏めば踏むほど燃料を消費するため、なるべくアクセルを踏みすぎない運転が一番のエコ運転となり、環境にも車にも助手席の人にも優しい運転になるのです。

最悪の運転の一つ例にすると、渋滞時に謎の急アクセル。

渋滞時はアクセルを踏まなくてもクリープ現象(AT車のみアクセルを踏まなくても動き出す現象)によって前に進むことができますが、なぜかアクセルを踏む人がいます。

渋滞しているので当然すぐにブレーキを踏むことになり、これがいわゆるカックンブレーキの根源で、乗っている人はおろか、車の流れを乱しますし、燃費などすべにおいて最悪の運転方法です。

助手席や周囲の車に対して優しい運転が一番の低燃費運転で、そういった運転技術を習得すると、予算をかけて燃費を改善する方法よりも圧倒的に数値を改善させることができますよ😁

 

低予算で改善!車のドーピングである“ガソリン添加剤”を使う

ガソリン添加剤は燃費改善なだけでなく、ノッキングの改善やアクセルレスポンスの向上などの効果をもたらすことができます。

低予算かつ給油口にそのまま入れるだけでOKという手軽の面から昔から非常に人気のあるガソリン添加剤ですが、「種類が多すぎて選べない」といった声や、「費用対効果はどうなの?」という声も多く見かけます。

もし「ガソリン添加剤を試してみたい」と思った方は【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!で本当に効果のあったガソリン添加剤のみをご紹介しているので参考にしてみてくださいね😁

なお、「効果について疑問がある」と思う方は【ケミカル好きが語る!】ガソリン添加剤のデメリットを伝えます!実は効果がないのは本当?!を見てみてください😊

 

動画でも解説しています↓

 

投資!お金をかけてでも燃費改善したい人は“車の衣替え”が大事!

「お金をかけてでもいいから燃費改善したい」

そう思った方は車の衣替えをおすすめします。

具体的には各整備工場や、ディーラーなどで「悪くなっている部分の部品をすべて交換したい」と伝えれば問題はなく、具体的に「燃費に直結する部分を重点的に」と伝えると、より良い方向に進むでしょう。

ただ、上記の方法は車の年式によってはパーツの生産が終了している物もあるので、新品での購入は不可能です。

もしそうなってしまった場合は、ヤフーオークションで部品取り車両を購入したり、スクラップ工場から部品を格安で売ってもらい、整備工場で取り換えるという方法しかありません。

この方法は中古で購入できるので安く済みますが、部品を根気よく探す必要があるので宝探しのような気分で探すと楽しいと思いますよ👍

関連記事:車も衣替え!季節によって衣替えをすれば気分も安全も一石二鳥!

車も衣替え!季節によって衣替えをすれば気分も安全も一石二鳥!
みなさん車の衣替えの準備、していますか? 衣服の衣替え同様、実は車の衣替えも非常に大事なんですよ! 車も衣服と同時に衣替えが必要、事前の準備が無用な事故を防ぐ! 新しい季節に向けて心も車も心機一転!この記事を読んで車も衣替えをしちゃいましょう。

 

まとめ

定期的にメンテナンスをしていれば車の異常に素早く察知でき、すぐに対処すれば悪い箇所がなくなっていきます。

その分お金はかかりますが、新車状態を長くキープできるのは間違いありません。

忙しいとついつい面倒になってしまう車のメンテナンスですが、長く乗ると決めているのなら小まめに点検してくださいね。

車の燃費改善に一番効果があるのは運転技術の向上です。

周囲に優しい運転を心がけることによって、燃費が向上しますし、事故も防ぐことができます。

また、ガソリン添加剤を使用するのも一つの手です。

低予算で車の悪い状態を改善できるので、「一度も試したことない」という人はぜひ試してみてくださいね😊

「お金をかけてでも燃費をよくしたい!」という方は悪くなっている部品をすべて交換するのがベストです。その場合、「燃費に直結する部分を重点的に」と伝えると、より良い方向に進むでしょう。

こちらの記事も参考になるかもしれません。↓

車を運転していてガソリンの減りが早いと感じたら注意すべきこと5選
最近ガソリンの減りが早い気がする…なんでだろう いつもは気にならない燃費も、最近やけにガソリンの減りが早いと感じているそこのあなた。 燃費向上にいろいろ手を尽くしたかもしれませんが、もしかしたら自分では気がつかない点があるかもしれません。 今回の記事では、減りが早い原因のチェックポイントと燃費を上げる方法を解説しています。

 

 

このブログでは車についてみなさんの悩みを解決する記事を書いています。

下記が代表的なカテゴリーですので、興味のある内容がありましたらぜひ見て行ってくださいね😉

知らない情報があるかも?バッテリーの話

 

車の栄養剤!ガソリン添加剤の話

 

明るさは安全の証!ヘッドライトにまつわる話

 

見た目が大事!洗車の話

 

ほかにもYouTubeでは現在400本以上の動画を投稿しています。

下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも【動画有り】HIDからLEDに変更したい!交換後のデメリットやおすすめLEDバルブをご紹介します。

【動画有り】HIDからLEDに変更したい!交換後のデメリットやおすすめLEDバルブをご紹介します。
最近LEDバルブの話題がつきませんよね。 HIDからLEDバルブに変更を考えてる人は多いのではないでしょうか。 そこで今回の記事では・HIDとLEDの明るさがわかる ・メリット・デメリットを解説 ・取り付け方法をご紹介 ・おすすめLEDをご紹介 この記事を読むことでHIDからLEDに変更への悩みがなくなると思いますよ。

という記事や

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!
車の調子、悪くなっていませんか? 新車から1年、5年、10年とどんどんパワーが落ちていくもの。 原因はカーボン汚れ。とくにマツダ車や直噴エンジン車はカーボン汚れが溜まりやすいです。 そこで今回は、カーボン汚れ落としに最適なガソリン添加剤をご紹介します。 この記事ではガソリン添加剤の選び方と私が体感できた商品のみ、ご紹介します!

も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました