【経験者が語る】ワコーズのレックスってデメリットあるの?効果がないって本当?

商品レビュー記事

こんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

 

最近車の調子が悪い。

アクセルレスポンスが良くないし、燃費も悪化した気がする。

そういえばワコーズのレックスって効果がないって言われけど実際のところはどうなの?

効果費用デメリットが知りたい!

はい、おまかせください!

 

この記事ではレックスを実際に施工し、効果を体感した私が【経験者が語る】ワコーズのレックスってデメリットあるの?効果がないって本当?を解説していきます。

 

💡この記事を読んでわかること

・レックスの効果と注意点

・レックスの効果を最大限発揮する方法

です。

この記事を読んだ後はレックスを施工したくなっているはずです。

スポンサーリンク

ワコーズのレックスとはどんなもの?おさらい編

この記事にたどり着いた読者さんはレックスの特性について知っていると思いますが…おさらいという意味で簡単に解説していきますね。

このワコーズレックスは、車の吸気系にたまったカーボンなどの汚れを除去し、燃焼状態を改善してくれる優れものの商品。

主な効果は

  • アクセルレスポンスの上昇
  • 燃費の向上
  • アイドリングの安定
  • ノッキングの防止

など、レックスには様々な効果があります。

ここで洗浄前と後の画像をワコーズさんから引用しますね。

すごい洗浄効果ですよね。

車を大事に長く乗っている人にはかかせないアイテムなのは間違いありません。

 

レックスをする上でのデメリットは?

施工後はエンジンオイルの交換が必要となります。

レックスを施工すると、洗浄液と落ちた汚れがエンジンオイルに混ざるので、オイルが汚れてしまうんですね。これはお店でも言われる思います。

オイル交換のタイミングは施工後1,000km走行したあとがおすすめ。

レックスは施工後、約1,000kmほど持続して洗浄してくれる優れもの。

ですので、ちょうど洗浄成分がなくなったときがオイル交換の最適なタイミングです。

デメリットはそのくらいですね😀

 

レックスの効果は?本当にあるの?

効果がありました。

以前スパークプラグを交換したのですが…その時と同じくらい効果を体感できました!

これは間違いありません。

その時の解説動画はこちら:【実体験】ワコーズRECSを勧める理由 レックス最強だから!!

具体的には、エンジン音が静かになったり、アクセルレスポンスが向上したり燃費が良くなったり

…。とにかく大満足です。

 

しかし、レックスは効果がないとの声もたまに見かけますよね。

個人的にレックスの効果の有無は車の状態によるのではないかと思います。

詳しくは後述しますが、過走行車であったり、低年式の車であったり…そういった車には十分効果が発揮される代物だと思いますよ。

 

レックスはどんな車におすすめ?

過走行車や低年式、また近所のスーパーの買い物、つまりチョイ乗り使用の車などエンジンに負担がかかっている車に施工するのが良いでしょう。

その中で特におすすめなのが直噴エンジンの車、つまり私の乗っているゼロクラウンや、マークXには絶大な効果を発揮します。

直噴エンジンは構造上、カーボンが溜まりやすく、汚れやすいので、レックスと相性が良いのです。だから私も効果を体感できたと言えるでしょう。

ちなみに、ガソリン添加剤と同じことが言えますが、レックスも車本来の性能を取り戻す方法であって、決してパワーアップするものではないので、そこは勘違いされないようにしてくださいね。

 

施工頻度

施工頻度は人によって様々です。

多い人は1,000km毎に施工しているようですし、一度洗浄したきりという方もいますし…

これがまた整備工場さんによっても異なるようで、10,000km毎に施工をしているところもあります。

あとは予算との相談ですね!

 

交換費用

整備工場によりますが、だいたい6,000~10,000円程度の費用がかかります。

また、レックスは車の排気量の10分の1の量を使用して施工するため、排気量によっても費用が変わってきます。

例えば私のゼロクラウンは2,500ccなので、レックスは250cc使用します。

一方で排気量が1,300ccだと、レックスは130ccしか使用しないため、その分安くなります。

このように、一概にいくらとは言えませんが…10,000円前後はかかると見積もっておくと安心ですね。

 

自分で施工できるの?

辞めた方が良いです。

こちらの動画で詳しく紹介されていますが

 

スロットルバルブよりエンジン側のブローバイホースかマスターバックかキャニスター負圧ホースから点滴してください

この説明で「あーなるほど!」と分かったら、自分で施工しても大丈夫だそうです。

 

どうでしょう?おそらくほとんどの人はわからないのではないかと思います。

また、他にも理由があり、

  • 煙がかなりでるので苦情の恐れ
  • 間違った施工方法で正しい効果を得られない
  • 最悪の場合車を壊しかねない

といったリスクもあります。

施工するのなら間違いなく整備工場に依頼するのが良いでしょう。

 

レックス施工後はフューエルワンも使用するのが効果絶大!

同じワコーズから発売されているフューエルワンは、超人気のガソリン添加剤です。

こちらも、レックス同様アイドリングの安定やアクセルレスポンスの向上、燃費の改善といった様々な効果があります。

そこでおそらくみなさんは「じゃあどっちか片方で良いじゃん!」と思うかもしれませんが、それは誤りです。

レックスもフューエルワンも洗浄するといった観点から見れば同じものに感じますが、レックスは吸気系、フューエルワンは燃焼系、とこのように洗浄する場所が違うのです。

ですので、レックスで落とせなかった部分をフューエルワンで落とすといった方法が一番効果があるのです。

 

まとめ

 

レックスは間違いなく効果がある代物です。

おすすめ車両は過走行車やチョイ乗りの車。特に直噴エンジン車がおすすめです。

効果は

  • エンジン音の静音性の向上
  • アクセルレスポンスの向上
  • 燃費の向上
  • アイドリングの安定

で、費用はお店にもよりますが、10,000円程度となります。

車を今後も大事に乗られたい方は必須のアイテムだと思いますよ😁

 

この記事のほかにもYouTubeでは現在300本以上の動画を投稿しています。
下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも最強のスパークプラグpremium RXで愛車の燃費やアクセルレスポンスを向上しよう

最強のスパークプラグpremium RXで愛車の燃費やアクセルレスポンスを向上しよう
車のスパークプラグをご存知でしょうか。実は消耗部品なのですがこの消耗部品を最強の物に交換すると燃費向上やアクセルレスポンス向上につながるのです。ぜひ皆さんもスパークプラグ交換してみましょう。

という記事や

体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!
車の調子、悪くなっていませんか? 新車から1年、5年、10年とどんどんパワーが落ちていくもの。 原因はカーボン汚れ。とくにマツダ車や直噴エンジン車はカーボン汚れが溜まりやすいです。 そこで今回は、カーボン汚れ落としに最適なガソリン添加剤をご紹介します。 この記事ではガソリン添加剤の選び方と私が体感できた商品のみ、ご紹介します!

も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました