【古い車に乗ってる人しかわからない】古い車を大事に乗るコツを教えます!

ゼロクラウンの話

こんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

 

古い車に乗りたい!

けど、維持費はどうなの?

具体的な数値が知りたい!

 

と、いうわけで…17年落ちのゼロクラウン乗車している私シルバーパールが古い車の費用と大事に乗るコツを解説します。

 

💡この記事を読んでわかること

・古い車の税金がわかる

・車検や修理費用がわかる

・古い車に乗るコツ

 

この記事を読み終えたころは古い車を買う決心がついているはずです。

ちなみに、私の乗っているゼロクラウンの維持費については、動画や記事でも解説しているので、良かったら見てみてください。

記事:【実体験】17年落ちのゼロクラウンの維持費はいくら?2年乗った実際の数値を紹介!

動画:25万円の激安ゼロクラウンを買って2年乗ったので本当の維持費を暴露します 

古い車の税金はどのくらい?

古い車の税金は高くなります。

具体的には自動車税が新車から13年経過から上がり、重量税が新車から13年・18年経過の計2段回上がります。

順に解説します。

自動車税の金額について

自動車税は新車から13年超えると15%増えます。

わかりやすいように以前の記事から引用しますね。

私の乗っているゼロクラウン(2,500cc)だと、もともと45,000円でしたが、13年超えるとなんと51,700円まで上がってしまいます!!!

高いですねぇ(/ω\)

あなたの購入しようとしている車は何ccでしょうか?

 

重量税の金額は?

次に車検の時に支払う重量税ですが、重量税は2段階であがります。

表を掲載しますね。

出典:くるなび

私のゼロクラウンだと車重が1,550~1,670kgなので、通常だと32,800円です。

しかし、新車から17年経過しているので45,600円まで上がります。

また、来年で新車から18年経過になるので…なんと次の車検の時は50,400円になってしまいます!!

高いですねぇ(/ω\)

 

・新車から13年経過で自動車税&重量税が上がる
・18年経過するとさらに重量税が上がる

重量税については、こちらのPDFに詳しく載っているので、見てみてください。

 

車両保険の金額にも注意

古い車の場合、車両保険が高くなる傾向があります。

もちろん、車種によって金額は変わってきますが、人気の車ほど高くなります。

これは保険屋の視点で考えるとわかりやすいかもしれません。

保険屋はできるだけ修理費用は払いたくないもの。

とはいえ、保険という商品を販売しているので何かあった場合は支払わなければなりませんよね。

そこで、保険屋は人気の車事故の多い車の保険料を上げることで、利益を取っているのです。

そうしないと会社が潰れてしまいますからね😅

 

古い車の購入を検討しているのなら、事前に保険屋に聞いておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

古い車の車検や修理費用は?

さて、前項までで税金車両保険について解説しました。

次にみなさんが気になるのが燃費車検ですよね。

順に解説していきます。

 

燃費について

燃費はみなさんの想像通り、非常に悪いです。

と、いうのも、最近の車の燃費が良すぎて(30/Lkmとか)古い車の燃費が悪く見えるだけかもしれませんが…。

ちなみに、私のゼロクラウンだと、カタログ上は12.0km/Lですが、実燃費は都心だと7~8km/L、郊外だと9~10km/Lです。

これを金額に換算すると…

・油種:ハイオク:160円/L
・タンク容量:71L・燃費:7km/L

160×65=10,400円です。※実際71L入らないので65Lとしました。

 油種によってもだいぶ変わるので、車を購入の際にはかならず油種を確認しましょう。

ガソリン高すぎぃってなってしまいますよ。

  

車検費用

車検は先ほど解説した税金が上がるので、もちろん高くなります。

あとは、日々の整備をどれだけやっているか、によっても変わってきます。

例えば、まったく整備をしない車だと車検の時に全て交換、になるので、20万は覚悟しておくと良いでしょう。

一方、車の整備をこまめにしていると13万前後で済むと思います。

参考動画:17年型落ちクラウンの車検はいくらかかるのか 過去の車検費用も紹介します

これは車の年式や壊れやすい部分、つまりその車弱点などによって、部品代に大きく差が開いてきます。

参考記事:購入前に確認した方がいい。ゼロクラウンの弱点・欠点を紹介

参考動画:これで本当に高級車?ゼロクラウン弱点部品を解説 ここを抑えておけば怖くない

購入しようとしている車の“弱点”を調べておくのも、古い車を賢く購入するコツです。

 

古い車を上手に付き合っていくコツとは?

ここからは古い車を上手に付き合っていく方法をご紹介します。

どの項目もすべて重要ですので確実にモノにしていってくださいね。

では解説していきます。

小まめに整備が一番大事

最新の車では部品も若く、また壊れにくくなっているので、基本的には壊れません。

一方、古い車は部品の耐久度や経過年数といった観点から見ると、コスパが悪いです。

まぁ、それも当然のことで、単純に新しい物よりも古い物の方が性能は落ちます。

iPhone12よりもiPhone3の方が性能は低いでしょう?そういった感じです。

ですので、古い車はこまめな整備が必須となります。

 

おすすめの部品調達法

部品調達方法はヤフオクメルカリAmazonジモティーなどの中古市場がおすすめ。

価格が安く、全国から購入できるので、部品の入手に困りません。

古い車の部品は、基本的にはディーラーでは購入できない(年式や車種によって異なるが)ません。

したがって、ネットで購入するのが一番安くて簡単、かつ確実に手に入る方法なのです。

注意点は値段や程度が様々なこと。

そのため、常に各サイトをチェックして、程度や相場を頭に入れておくことが重要ポイントとなってきます。

部品の相場も頭に入れば、「この部品程度が良くて安い!」といった、いわゆる掘り出し物がわかるようになりますし、損しない買い物ができるようになります。

また、相場が頭に入っていれば、掘り出し物を見つけたときにすぎにポチッと購入できる決断力が身につきますよ。

ですので、古い車を購入した場合は、常にネットで部品を見ることをおすすめします。

 

仕入れるパーツは車によって異なる

かといって、やみくもにパーツを仕入れても壊れなければ使い道はなくなります。

そのため、仕入れるパーツは壊れやすい部品を仕入れましょう。

いわゆるその車の弱点部品をメインに仕入れ、次に消耗品を仕入れるのがおすすめ。

車の弱点部品はネットで○〇 欠点と調べれば情報はたくさん出てきます。また、YouTubeでも○〇 欠点と検索すると、その車の欠点を解説している人が必ず出てくるので、ぜひ調べてみてください。

消耗品はいわゆるバッテリーや各パッキン類電球系タイヤスパークプラグなどです。

これらの消耗品は常に価格が一定なので、いつ仕入れても良い商品です。強いて言えば、セールの時に買っておくと良いでしょう。※消耗品の中古はおすすめしません

弱点部品を仕入れておき、消耗品はセールの時に購入する。これがおすすめの買い方です。

 

洗車も小まめに

洗車も小まめにすることも大事です。

単純に見栄えの問題もありますが、こまめに洗車をすることによって細かい傷に巡り合えることができます。

細かい傷は次第に錆に発展することもあるので、早期発見が劣化防止の一番の策になります。

結果として、古い車を長く乗るコツに繋がるわけなのです。

【意外と知らない】白い車の水垢を簡単に!お手軽に!安く!落とす方法を解説します

【意外と知らない】白い車の水垢を簡単に!お手軽に!安く!落とす方法を解説します
白い車は洗車をしたらものすごく綺麗になる反面、汚れも目立ちますよね。 汚れてもすぐに綺麗にできれば良いのですが 洗車をできるのは休日だけ と、言う人も多いはず。 今回の記事では、簡単・お手軽・安くをコンセプトに、落ちにくい水垢の落とし方について解説します。

 

2、3車種で悩んでいる方におすすめの購入方法

車を購入するときは、なかなか決められませんよね。

1車種の中で状態を検討するのならまだしも、2、3車種で悩んでいる人も珍しくありません。

そんなあなたにおすすめの購入方法は売却時に高く売れる車を購入する、です。

基本、古い車は日本で販売できないため、ほとんどが海外で販売されます。

海外では日本の車は非常に人気で、たとえ日本で販売できなくても海外なら需要があるのです。

そのため、業者も人気車種には喜んでお金を出すのです。

 

一方、日本での不人気車はあまり高値で買い取りません。

下手したら引き取り料などと言って請求されるかもしれません。

そういった業者に当たった場合は、その場で取引を中止し違う業者に依頼しましょう。

かならず高く買い取ってくれる車があるはずです。

 

古い車を購入するのなら売却先のことも頭にいれておくべき

車を購入しても売却先で悩む人も少なくありません。

そして売却側の頭の中にあるのは「大事に乗ってくれる方に乗ってほしいし、少しでも高く売りたい」でしょう。

そこでおすすめのサービスがカーセンサー簡単ネット車査定

自分から業者を探すことなく、最大30社まで同時一括見積を送れるので非常に楽です。

デメリットとして、電話が頻繁になる可能性がありますが、高く売るためには必要な行動と言えます。

よく聞く話、買い取り査定額が20万円も違った、なんて声も。

そう思うと、多少の我慢は必要かな~と私は思います。

周りの人にもぜひ、この一括査定サービスを教えてあげてくださいね。

詳しいことは車売却におすすめ!車を売る際はカーセンサー簡単ネット車査定とは?で解説しているので、一度見てみてください。

車売却におすすめ!車を売る際はカーセンサー簡単ネット車査定とは?
こんにちは、シルバーパールです🤗 前回のブログで 欲しい車がある方は 我慢せずに自分の欲しい車を購入した方が幸せになれるとお話ししました。 前回のブログを読んで 現在乗っ...

まとめ

いかがでしたか?

今回は古い車を乗っている人が大事に乗るコツについて解説しました。

みなさん!古いとはいえ、新しい車にはない魅力が満載です!
この記事を見ると、一見古い車はコスパが悪い、と感じるかもしれませんが、この記事でも書いているとおり、総合的に見ると古い車の方がコスパ良いのです。

 

車は自分の好きな車に乗ってなんぼ、です。

せひ、妥協せずに欲しい車を購入してくださいね。

 

この記事のほかにもYouTubeでは現在300本以上の動画を投稿しています。

下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!

【体験談】ガソリン添加剤おすすめ5選!後悔しない商品はこれだ!
車の調子、悪くなっていませんか? 新車から1年、5年、10年とどんどんパワーが落ちていくもの。 原因はカーボン汚れ。とくにマツダ車や直噴エンジン車はカーボン汚れが溜まりやすいです。 そこで今回は、カーボン汚れ落としに最適なガソリン添加剤をご紹介します。 この記事ではガソリン添加剤の選び方と私が体感できた商品のみ、ご紹介します!

 

という記事や

【ハズレなし】ネットで安い車用バッテリー7選【純正品も紹介】

【ハズレなし】ネットで買える安い車用バッテリー7選!【純正品もあるよ】
ディーラーで見積もりすると高いバッテリー交換。 大体が4万円前後とかかるので少しでも安くしたいですよね。 でも、安すぎるバッテリーは不安です。 そこでこの記事ではネットで安く買えて高品質な車用バッテリーを紹介します。 この記事を読み終わった後はバッテリー交換に関して悩みがなくなっていますよ。

も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました