【意外と知らない】白い車の水垢を簡単に!お手軽に!安く!落とす方法を解説します

車のお役立ち情報

こんにちは!ゼロクラウン系YouTuberのシルバーパールです😊

 

白い車は洗車をしたらものすごく綺麗になる反面、汚れも目立ちますよね。

 

汚れてもすぐに綺麗にできれば良いのですが

洗車をできるのは休日だけ

と、言う人も多いはず。

 

雨が降った翌日は、サイドミラーやドアノブ付近から黒い涙がでてきますよね。

汚れが軽い場合はこすればすぐ落ちますが、放置していると落とすのが困難になります。

そしてさらに厄介なのが、窓ガラスなどに付着する白い水玉模様の水垢。

これは力を入れても落ちないので、一つ工夫をいれる必要があります。

 

そこで今回の記事では、簡単・お手軽・安くをコンセプトに、落ちにくい水垢の落とし方について解説します。

この記事は白い車を対象としていますが、他の車の色も通じる話なのでぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも水垢の原因ってなに?

水垢には2種類あり、ガラスに付着する水垢と、ボディーに付着する水垢があります。

では順番に解説します。

 

ガラスに付着している水垢

雨が降ったあとや洗車したあとに、きちんと吹き上げないことが原因でガラス面に付着します。

これは俗に水性の水垢と呼ばれていて、白い水玉模様なのが特徴。

車以外にも、お風呂場の鏡や蛇口に付着しているものと同じもので、水分に含まれるカルシウムやミネラルが原因で水垢になってしまうのです。

この水性の水垢は厄介で、いくら力を入れてこすっても落ちない厄介な水垢です。

 

黒い涙の水垢

引用元:コバック

ワックスや撥水効果のあるシャンプーなどの劣化した油分が原因で、黒い涙の水垢がつきます。

これは俗に油性の水垢と呼ばれていて、黒い涙みたいのが特徴。

基本的にはこすって落ちますが、放置しておくと、次第にボディに染みついていき、こすっても落ちない水垢となります。

 

簡単に落とす方法

ガラスに付着している白い水垢の落とし方

一番効果があると言われているのが、お酢を使った方法です。

お酢はミネラルやカルシウムを溶かす作用があるそうで、主婦が掃除に良く活用している方法でもあります。

注意点として、ガラス以外にはお酢をつけないようにしましょう。

お酢は酸性なので、ワイパーやボディーに付着した場合、劣化もしくは最悪溶かしてしまうことになりかねません。

なので、水垢を落とす場合は、十分に注意してくださいね。

 

黒い涙の落とし方

原因は油分なので、油を落とす洗剤が有効とされています。

例えば、どの家庭でもある台所洗剤を使った方法が有名な落とし方です。

 

黒い涙の落とし方の注意点もあり、洗剤を原液で使わないことが条件。

原液のまま使うと、洗浄成分が強すぎるため、10倍~100倍の水で薄めると良いでしょう。

水垢の落ちが悪い場合は、原液を少しずづ足しながら洗浄してくださいね。

 

お酢や洗剤を使っても落ちない場合

水あか落とし剤やコンパウンドで磨く

オーソドックスな対処法ですが、カー用品店で販売されてる固形状のもの、もしくは液体状のものを使用しましょう。

その際、ご自身のボディーからにあったものを必ず使用すること。

どの商品にも、対応カラーが書かれているので、必ず見てくださいね。

 

プロに頼む

自分でやっても落とせない水垢は、プロに頼んでしまうのも手です。

料金は車のサイズによって異なりますし、依頼するお店によっても料金は変わります。

例えば、一番高額なのはディーラーです。

おおよその金額は2,000~4,000円の間のようです。

しかし、ディーラーはお店によって値段が異なるそうで、各お店に連絡して確認することをおすすめします!

 

ほかにも、ガソリンスタンドやカー用品店は1,500~9,200円となっています。

一見、ディーラーよりも高額と思われがちですが、ガソリンスタンドは水垢落としのほかに、コーティング料金も含まれているので高額となっているようです。

お得に感じますね😊

詳しくはこちらの記事をご覧ください(外部サイトへ移動します)

 

中古車査定に響く?

中古車査定の項目には洗車という項目はないそうです。しかし、査定士も人間です。

例えば、汚い車を査定する場合と綺麗な車を査定する場合、どちらの方がきちんと整備されていると思いますか?ほとんどの人が、後者だと思いますよね。

車が汚いと、「雑な人なんだな」と思われ、「あとで問題が発覚しても嫌だから隅々まで見よう」というネガティブな視点から査定に入ってしまいます。

一方で、車が綺麗な場合は「綺麗にしてあるから、整備等は問題なさそうだ」というポジティブな視点から査定に入ってもらうことができます。

もちろん、査定士の心情が全部が全部この通りの心理状況になるとは言えませんが、車のオーナー側の気持ちとして、長く乗った愛車を高く買ってもらいたいという心情は車を愛するものなら誰もが抱く感情ではないでしょうか。

人は第一印象が大事と言われているように、車も第一印象が大事です。

やはり車を綺麗にしておく方が査定が有利に運ぶことは間違いないといえるでしょう。

 

愛車の売却価格が気になる人は一度調べてみるのも◎

先ほど書いた洗車の有無による査定の違いに関して、一度調べてみるのも一つの方法かもしれません。

しかし、査定は一社ずつするのは面倒ですよね。

昨今、いろいろな中古車一括査定サイトがありますが、正直どこを選んでいいかわかりません。

そこでおすすめな中古車一括査定サイトは、最大30社査定できるカーセンサー簡単ネット車査定です。

デメリットやメリットなど、詳しくはこちらの記事に書いてあるので気になる方は一度見てみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、【意外と知らない】白い車の水垢を簡単に!お手軽に!安く!落とす方法を解説しますというタイトルで解説しました。

落とす方法の流れは、記事の上部から試していくと良いと思いますよ😊

工程がわからなくなっても良いように、この記事をブックマークしておいてくださいね。

 

また、この記事のほかにも、洗車についてYouTubeでも解説しています!

知らなかった知恵が得られるかもしれませんよ😁

 

 

この動画のほかにもYouTubeでは現在200本以上の動画を投稿しています。
下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも【1~2kmはあがる】車の燃費をあげる方法は運転方法が一番肝心!【自分を磨こう】

という記事や【体験談】実はコスパが悪い軽自動車!車の買い替えは型落ち高級車を買うべき理由も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました