【1~2kmはあがる】車の燃費をあげる方法は運転方法が一番肝心!【自分を磨こう】

車のお役立ち情報

こんにちは!ゼロクラウン系YouTuberのシルバーパールです😊

 

・車の燃費をあげたい…!

・でも具体的な方法がわからない…!

車に乗っている人はだいたいこの悩みがありますよね。

ネットで“燃費向上”と調べても、タイヤをエコなものに交換するとか、ホイールを交換するとか、高額な対処法ばかり。

そこでこの記事では、安くて燃費を改善できる方法をご紹介します!

 

💡この記事を読んでわかること

・明日から実践できる燃費をあげる方法

運転スキルが向上する方法

車の売却額が上がる方法

この3点を解説していきます!

スポンサーリンク

燃費向上のカギを握るのは運転

燃費があがる一番手っ取り早い方法は、運転の仕方だとみなさんご存知でしょうか?

車はアクセルを開けたときに燃料が排出されるので、いかにこれを押さえるかがポイントになってきます。

急発進・急ブレーキなど、急の付く動作はみなさん燃費が悪くなるとは有名な話ですが、ここで一つの疑問が湧いてきます。

みなさん、急発進・急ブレーキとはどんなイメージを頭に浮かびますか?

この感覚は、人それぞれですが、多くの人は体が前後に大きく揺られる感覚と思っているのではないでしょうか。

実はこの思い込みが原因なのです!

 

勘違いが多い?!運転手と助手席の違い!

実は急発進や急ブレーキの感覚とは、体が大きく揺られることが急のつく運転とは限りません。正しくは助手席に乗っている人の体が動くかどうかです

例えば、運転者が発進・停車時に軽くアクセルやブレーキを踏んだつもりでも、助手席にいる人の頭部が動いていたら、急のつく運転といえるでしょう。

また、ほかの判断基準として、車によってはメーター部分に瞬間燃費表示、つまりアクセルを踏み込んだ時に、どの程度燃料を消費したかわかるものがついています。

えっ?そこまで意識する?

と、思う人もいるかと思いますが、運転への意識を変えていくことが燃費向上につながってくるのです。

 

丁寧な運転が一番燃費が良い運転!

この丁寧な運転は、車に乗っていて眠くなるような運転をイメージするとわかりやすいかもしれません。ゆりかごに揺られているような感じですかね(^^♪

具体的にいうと、先述した“助手席側の人の頭部が発進時や停車時に動かない運転方法”が丁寧な運転と言えるのではないでしょうか。

一見、難しく感じるかもしれませんが、マスターすると、周囲に優しい・車に優しい・助手席に優しい運転ができるようになりますよ!

 

なので、明日から車を乗るときは

・アクセルはふんわりゆっくり踏む

・ブレーキも優しく踏み込み、車が最後に停止するときに、優しくブレーキを脚から離す

この運転方法を意識し、助手席に乗っている人の頭部を揺られないようにする運転を心がけてみましょう!

 

きちんと車間距離を確保して、アクセルを踏まない

車を走らせるのに、アクセルを踏まないなんて矛盾しているかと思いますが、実は多くの人の運転は無駄が多いのです。

イメージしてほしいのですが、アクセルを勢いよく踏んで発進しても、すぐ信号に捕まるか、前車に追いつきますよね。

そしたら

・アクセルを緩める
or
・ブレーキを踏む

この2つになるわけですが、ほとんどの人は車間距離が近いために、ブレーキを踏みます。

このブレーキを踏む行為が無駄なのです。

 

そもそも、アクセルをゆっくり踏んで前車との車間距離をきちんと確保していれば、前車が減速しても、自車に影響がないことが多いのです。

一方で、車間距離を十分にとっていないと、ブレーキの連発で助手席に乗っている人は酔ってしまいます。結果、丁寧な運転やエコドライブからかけ離れた運転となってしまうのです。

このように、適度な車間距離をとって走行することも意識して運転することも大事なのです。

あくまでも周囲の道路の流れを乱さない程度の車間距離の確保です。交通の流れを乱す車間距離の確保はNGです。

参考動画:渋滞吸収理論を実践する=JAFMate2014年10月号

もっと良くしたいのなら、ガソリン添加剤を使う

ガソリン添加剤とは、燃料が通る道を綺麗にしてくれるものです。

これらのものを使うことによって、車の内部を綺麗にし、燃費向上につなげようというものです。

人間でいうと、血流を良くするための措置と言いましょうか。

値段は高いものから安いものまで様々ですが、中には効果の薄い詐欺商品もあるようなので、安易に買わない方が良いものあるそうです。

基本的には有名メーカーが出している商品は大丈夫ですが、激安商品などは注意が必要。

こちらに私が実際に購入した商品の記事がありますので、参考にしてみてください。

読むのが面倒な方は、私のYouTubeへどうぞ!

参考動画:1本たった400円!?コスパ最強のガソリン添加剤を入れて走った結果がヤバかった 

この動画のほかにも、ガソリン添加剤などを紹介しているケミカル系のチャンネルリストを作っているのでそちらも見てみてくださいね。

 

最終的には、こまめな整備が大事

車も人間と同じで、健康に気を付けることが大事です。

やはり、こまめに点検を受けオイル交換などをすることが、燃費向上にもつながりますし、車の健康にもつながります。

しかし、あまり点検や整備ができなかった人もいますよね。

各種点検整備や、部品の取り換えなど、金額もかさみます。

そこでおすすめの方法がワコーズRECS!

 

ワコーズのRECSとは?

過走行、低年式車、チョイ乗り、特に直噴エンジンの車に乗られている人には特におすすめな方法がワコーズのRECS。

これは吸気経路を洗浄してくれるのですが、アクセルレスポンスがかなり向上します!

また、燃費の改善にも効果がありますし、車を長持ちさせる方法でもあります。

私が体験した感覚では、施工前と施工後、明らかに変かを感じられましたよ。

その時の動画がこちら↓↓

参考動画:【実体験】ワコーズRECSを勧める理由 レックス最強だから!! 

 

気になる工賃ですが、お店によって様々。

RECSを使う量や、施工の際に部品を取り外さなければいけない車種、直噴エンジンは+○○円など、本当に様々ですが、10,000円前後と見積もっておけば大丈夫でしょう。

できるだけ安く済ませたい方は、複数の整備工場で見積もりを取ることをおすすめします。

ワコーズRECS公式ページ

 

劇的な改善を望むのなら思い切って中古車査定へどうぞ

最終的には、車を買い替える方法も有りです。

とはいっても、最近の車は高いですよね。少しでも資金を確保したいところ。

そんな時におすすめなのが、カーセンサー簡単ネット車査定。

カーセンサーの中古車査定なら、最大30社の同時一括査定ができるので、手続きに面倒がなく、簡単にできますよ。良い会社に当たればもしかしたら、意外と高く買い取ってくれるかもしれません

申し込み方法はこちらの記事に書いてあるのでどうぞ。

売却前にどんな車を買ったらいいかわからない方はこちらの記事をどうぞ!安く購入したい方必見です。

意外と知らない車もあるかもしれませんよ!

 

まとめ

今回は燃費を上げる方法をご紹介しました。

まずは、車の運転方法から変えていき、次にガソリン添加剤を試してみましょう。

タイヤやホイールを買い替える方法もありかと思いますが、まずはお手軽に始められる方法で試してみてはいかがでしょうか。

劇的に燃費を改善したいのなら、買い替えも検討しましょう。

その時は便利な一括査定を利用するのがおすすめ!

を読んでみてくださいね。

 

私のYouTubeでは現在200本以上の動画を投稿しています。
下記のように詳細にジャンル分けしておりますので、ぜひご覧になってください😉

LINETwitterInstagramもしておりますので、そちらもよろしくお願いします!

 

ほかにも【体験談】実はコスパが悪い軽自動車!車の買い替えは型落ち高級車を買うべき理由

という記事や個人間での売買は?ヤフオクやメルカリで車を購入する際の注意点も良かったら見てくださいね!

 

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

 

タイトルとURLをコピーしました