車のウォッシャー液の補充方法は?おすすめのウォッシャー液【3選】も紹介

車の画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車のウォッシャー液の補充方法について、分かりやすく知りたいなあ。
また、補充するだけではなく、今までこだわっていなかったから、ウォッシャー液の種類について詳しく知って、自分に合ったアイテムに買い替えようかなあ。

上記のような悩みを抱えてはいませんか?😊

愛車に使用するウォッシャー液選びで、普段の手入れが楽になりますよね。

今回は、シルバーパールが車のウォッシャー液の補充方法や、おすすめのウォッシャー液3選について、紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車のウォッシャー液を補充する方法

車をメンテナンスしている人の画像

https://pixabay.com/ja/photos/%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e6%95%b4%e5%82%99%e5%a3%ab-%e4%bf%ae%e7%90%86-%e8%bb%8a-6260377/

車のウォッシャー液を補充する方法として、

  • ウォッシャータンクの位置を確認
  • ウォッシャー液を注いで補充する

があります。

下記にて詳しく解説します。

ウォッシャータンクの位置を確認

はじめに、ウォッシャータンクの位置を確認しましょう。

ウォッシャー液は、エンジンルーム内において、半透明のタンクで充填されています。

ボンネットを開けた状態からタンク本体を確認が可能な車種や、タンク本体は見えないで、補充口だけが上部に付いている車種もあるので、注意しましょう。

実際にエンジンルームを開けて見てみると、内側には何種類もの液体を入れるタンクがあります。

ウォッシャー液は補充口のキャップに、噴水マークが目印です。

他のタンクと間違えて、補充しないようにしましょう。

ウォッシャー液を注いで補充する

次に、ウォッシャー液を注いで補充しましょう。

「FULL」か「MAX」の目盛りのところまで、液面が上がってくる状態になると、補充が完了です。

また、タンクが空に近い状態なら、かなりの量を入れられますよ。

車のウォッシャー液の性質を解説

車の画像

https://pixabay.com/ja/photos/%e8%bb%8a-%e9%9b%a8-%e3%82%b3%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3-%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f-2648563/

車のウォッシャー液の性質として、

  • ノーマルタイプ
  • 撥水タイプ
  • 油膜取りタイプ
  • 解氷タイプ

があります。

下記にて詳しく解説します。

ノーマルタイプ

ノーマルタイプは、一般的なウォッシャー液です。

使用されている成分として、界面活性剤とメタノールが中心となっています。

特徴が無いように感じる人も多いかもしれませんが、例えば、撥水タイプはフロントガラス以外に油膜ができてしまうデメリットもあります。

一般的なノーマルタイプだから、機能面にて不便ではありません。

撥水タイプ

撥水タイプは水をはじく性質を持っており、 車の速度に応じて撥水の作用が働きます。

一般的なノーマルタイプと違い、シリコンやフッ素などを混ぜたものです。

雨だけではなく、フロントガラスに付着するほこりや、排気ガスによる汚れなどが付きにくくなりますよ。

油膜取りタイプ

油膜取りタイプのウォッシャー液は、フロントガラスに付着する油膜を取ってくれます。

油膜を放置するとフロントガラスが汚れ、走行時の視界が悪くなる原因です。

日々のメンテナンスが面倒に感じる人は、油膜取りタイプのウォッシャー液を活用するのも一案です。

解氷タイプ

解氷タイプのウォッシャー液は、冬場にフロントガラスが凍結している場合、解氷の手間を省けるアイテムです。

早朝からの仕事の場合は暖気する暇が無い場合が多くあります。

ガラスの一面でも、解氷の作業を減らしたい人に、最適なアイテムですね。

おすすめの車のウォッシャー液【3選】

車のフロントガラスの画像

https://pixabay.com/ja/photos/%e5%86%ac-%e5%87%8d%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88-%e7%aa%93-791086/

おすすめの車のウォッシャー液3選を紹介します。

各商品で特徴や使用感が異なります。

用途や目的に合わせて、製品をチェックしてみてください。

シュアラスター「ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプ」

通常のウォッシャー液と比較すると、クリアなフロントガラスを再現できるアイテムです。

使用時の透明度も高いため、噴射の際に視界を遮りにくいメリットもあります。

あと残りに関してもほとんどありません。

数多くのウォッシャー液の中でも、優れた製品と言えます。

古河薬品工業「クリアウォッシャー」

他社の商品と比較して、低価格かつ高洗浄力を実現したウォッシャー液です。

余分な成分が入っていないため、ボディのシミができにくくなります。

実際の利用者の中でも、ー10℃の雪山にドライブへ行き、凍りつくことがなかったといった、口コミも上がっていますよ。

クリンビュー「ガラスコート 撥水ウォッシャー」

クリンビューを使用した人の中でも、フロントガラスがツルツルになって気持ちが良いといった声もあります。

もちろん、撥水タイプで多少の油膜が気になる人もいるかもしれません。

フロントガラスをピカピカに保ちたい人に、最適なアイテムです。

 

 

まとめ

今回は、シルバーパールが車のウォッシャー液の補充方法や、おすすめのウォッシャー液3選について紹介しました。

意外とウォッシャー液の選び方で、日々のメンテナンスや解氷などの手間を省けるなど、意外な面も多かったのではないでしょうか。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【意外と知らない】ウォッシャー液の交換してる?撥水剤と油膜取り剤は混ぜちゃダメ!

そして、YouTubeチャンネルでは現在400本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました