車の虫取りで効果的なやり方は?虫取りの重要性とおすすめアイテムも紹介!

虫の死骸を除去するために洗車している人の写真 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

ドライブ後に虫の死骸が付着し、見映えも良くないから取り除きたい。
でも、日々メンテナンスする時間や余裕がなくて、放置しがちな状況が続いている。
車の虫取りを除去できる方法について詳しく知りたいなあ。

快適なドライブ後に発生する虫の死骸が付着していると、見た目や印象に影響するため、気になる人も多いですよね。

しかし、虫の死骸を放置し続けると車体にこびり付き、塗装の劣化を引き起こす可能性があります。

そこで、今回は車の虫取りを除去できる方法や便利なアイテムについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車の虫取りを徹底することの重要性

車のメンテナンスをしている人の写真

車の虫取りを徹底することは、

  • 虫の死骸から酸が発生
  • 時間が経つと虫の死骸がこびりついて取れない

上記の2点を改善できます。

下記にて、詳しく解説していきますね😉

虫の死骸から酸が発生する

虫の死骸から酸が発生するため、こまめに取り除く必要があります。

虫の死骸を放置すると、タンパク質やリン酸などを含んだ虫の体液が塗装面に付着し、付着したまま放置してしまうと、車体の酸化や劣化を引き起こすからです。

具体的には、塗装面の陥没へとつながる現象で「酸性クレーター」と呼ばれています。

また、「塗装クラック」と言われている塗装膜のひび割れは、経年劣化や過度の衝撃だけではなく、虫の死骸が原因で起こっているケースもあります。

虫の死骸から酸が発生するのを防止するため、下記で紹介する洗車や虫取り専用クリーナーを活用して、こまめに取り除くのが重要です。

時間が経つとこびりついて取れない

車体に付着した虫の死骸は時間が経過すると硬化し、こびりついて取れにくいので注意しましょう。

虫の死骸のタンパク質が固着して、簡単には取れない状態となるからです。

分かりやすいイメージとして、日常生活において家の掃除をしている時に、放置していた汚れがこびりついていて、簡単に取れなくなった時を想像しましょう。

上記と同じで、虫の死骸も早期に取り除かない状態で放置すると、こびりついて取れにくくなります。

車の虫取りができる方法

雨の日の車を撮影した画像

車の虫取りができる方法として、

  • 水や泡シャンプーで洗車する
  • 雨の日を活用する
  • 虫取り専用クリーナーを使用する

があります。

泡シャンプーで洗車する

泡シャンプーで洗車することからはじめましょう。

カーシャンプーで車体をメンテナンスすることで、硬化していた虫の死骸がふやけ、ボディから剥がれやすくなるからです。

上記の時に、きめ細かい泡を作っておくと、汚れや付着した死骸が取れやすくなります。

カーシャンプーをしっかり泡立てるための方法として、

  1. バケツにカーシャンプーを適量入れる
  2. ホースから強めの水圧で水をバケツへ入れていく

上記の手順で、きめ細かな洗車用の泡を作ることができます。

注意点として、水圧が弱いと泡立ちしにくい点に留意しておきましょう。

雨の日を活用する

雨の日を活用すると、硬化していた虫の死骸が取れやすくなります。

雨の日は湿気が多くて水分の吸収を助けてくれるだけではなく、長時間雨にあたることで、虫の死骸が柔らかく軟化するからです。

注意点として、雨が降るのを待ってから、虫汚れを除去しないように気を付けましょう。

上記で説明したように、虫の死骸を長期間放置することで硬化し、塗装面がダメージを受けてしまうからです。

雨の日が近い時やたまたま雨が降っている状況の際に、虫汚れの除去に天候を活用しましょう。

虫取り専用クリーナーを使用する

虫取り専用クリーナーを使用すると、虫の死骸が取れやすくて便利です。

車用虫取りクリーナーはボディを傷めずに汚れを素早く落とせる、とても便利なアイテムだからです。

虫取り専用クリーナーは

  • シートタイプ
  • 液体タイプ
  • 泡タイプ
  • コーティング車専用タイプ

上記4タイプが販売されていて、汚れ除去の利便性や汚れ落としの強さが異なります。

例えば、サッと時短で虫の死骸を取りたい時は「シートタイプ」、ボディコーティングを施工している車なら「コーティング車専用タイプ」といったように、用途別に使い分けると効果的ですよ。

おすすめの虫取り専用クリーナー

愛車をメンテナンスしている人の画像

おすすめの虫取り専用クリーナーとして、

  • リピカ 虫取りクリーナー 200ml C001
  • KURE プロクリーン虫とりクリーナー (350ml)

があります。

リピカ 虫取りクリーナー 200ml C001


リピカ 虫取りクリーナーはたんぱく質と油分だけに反応し、塗装への影響がない虫取りクリーナーです。

全体にスプレーをせず、パーツごとに作業を行い、使用後にしっかりと水で洗い流しておくと、しみなくピカピカなボディに元通りできます。

想像以上に簡単に虫がとれた口コミもあり、洗浄料の高さが魅力のカーアイテムですよ。

KURE プロクリーン虫とりクリーナー (350ml)


KURE プロクリーン虫とりクリーナーは、スプレーし拭き取るだけで水洗い不要の虫取りクリーナーです。

500円程度の低価格と高コスパを両立したカーアイテムで、高速道路を走行後にサッと愛車を洗浄できます。

低価格でも鳥の糞を落とせたといった口コミもあり、実用性が高くておすすめですよ。

まとめ

今回は、車の虫取りを除去できる方法や便利なアイテムについて解説しました。

日々のメンテナンスやカーアイテムを取り入れるだけで、虫の死骸を簡単に除去することができますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

車のエアコンが臭い原因は?具体的な対処法や日々できるメンテナンス術を紹介

そして、YouTubeチャンネルでは現在500本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました