車における内窓拭きの方法は?内窓拭きの注意点やおすすめアイテムもご紹介!

車におけるフロントガラスの画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

最近愛車の内窓が汚れていて、メンテナンスすべきだと感じている。
車における内窓拭きの方法についてよくわかっていないため、便利な方法があれば詳しく知りたい。
また、注意点やおすすめのアイテムについても、教えてほしいなぁ。

「最近愛車の内窓が汚れていて、メンテナンスしたい」と感じたことはありませんか。

しかし、効率的なメンテナンス術や手軽に取り組める方法があれば、日々の手入れにおける手間を最小限に抑えられますよね。

そこで、今回は車における内窓拭きの方法について解説していきます。

また、内窓拭きの注意点やおすすめアイテムも紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車における内窓拭きの方法

車の内窓を拭いている人の画像

車における内窓拭きの方法として、以下の2点が挙げられます。

  • タオルを使用する
  • カーアイテムを使用する

フェイスタオルとプラスチック製ヤスリを使用することで、内窓がきれいに仕上がります。

他には、「ハンディワイパー」を購入することで、手軽に日々のメンテナンスが実施できますよ😉

タオルを使用する方法

フェイスタオルを使用して、内窓をメンテナンスできます。

用意するアイテムは、以下の2点です。

  • フェイスタオル3枚
  • プラスチック製のヘラ

フェイスタオルはモコモコとした肌触りではなく、ある程度使用済みのタオルを用意します。

ファイバークロスのようなモコモコ素材は、拭き取り後に繊維が付着する可能性があるためです。

また、ヘラは先端部分をヤスリで丸く削りましょう。

先端部分が尖っている場合は、そのまま使用することでガラスを清掃中に傷つける可能性があります。

具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 飲食店のおしぼり程度に、1枚目のフェイスタオルを濡らす
  2. 上記1の手順で濡らしたタオルを使用して、内窓をふき取る
  3. 2枚目のタオルに持ち替えて、再度同じ範囲をふき取る
  4. 3枚目のタオルに変更し、残っている水分や毛羽をとる

下記のユーチューブ動画でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください😉

カーアイテムを使用する方法

カーアイテムを使用する場合は、「ハンディワイパー」が便利です。

「ハンディワイパー」は付属のシートのみで、簡単に奥まで内窓が拭き取れるアイテムです。

フロントガラスの内窓は、奥の細かな部分が届きにくい人も多いかもしれません。

手順も特に必要なく、気になる時に時短で内窓がメンテナンスできます。

手軽さを重視したい人は、カーアイテムを使用するのがおすすめです。

車における内窓拭きの頻度

車における内窓拭きの頻度は、年に3~4回程度です。

頻繁にメンテナンスを実施する必要はありませんが、スキマ時間を活用してこまめに手入れすることで、メンテナンスの手間を省けます。

また、ハンディクリーナーはダッシュボードに携帯しておくことで、気がついた時に清掃できます。

丁寧に内窓を清掃したい人は「フェイスタオル」、手軽にメンテナンスを実施したい人は「ハンディクリーナー」など、ニーズに合った方法を選びましょう。

車における内窓拭きの注意点

車の内窓を拭いている人の画像

車における内窓拭きの注意点として、以下の2点が挙げられます。

  • 泡タイプやエアーズオールタイプの洗剤は使用しない
  • 周辺機器の接触に注意する

泡タイプやエアーズオールタイプの洗剤は、拭きムラが発生する原因になります。

また、周辺機器の接触に注意することで、マイクやナビ用アンテナの破損を予防できますよ😉

泡タイプやエアーズオールタイプの洗剤は使用しない

内窓の清掃アイテムとして、泡タイプやエアーズオールタイプの洗剤は使用しないようにしましょう。

エアゾールタイプはスプレー上の噴射物で、霧状や泡状の泡が吹き出す製品です。

エアーズオールタイプの洗剤の画像

クリーナーは、増粘剤や油脂成分が含まれている可能性があります。

増粘剤や油脂成分はメンテナンス後に、拭きムラやが残りやすい成分です。

そのため、内窓に汚れが付着する原因にもなるため、使用するのは控えましょう。

周辺機器の接触に注意する

内窓の清掃はマイクやナビのアンテナなど、周辺機器の接触に注意しましょう。

強い力で周辺機器に接触した場合は、機器が破損する可能性があります。

事前に知っておくことで、留意してメンテナンスが実施できます。

車における内窓拭きのおすすめアイテム【3選】

車の内窓を拭いている人の画像

車における内窓拭きのおすすめアイテムとして、以下の3点が挙げられます。

  • SOFT99 ウィンドウケア 窓フクピカハンディワイパー
  • Ichinen Chemicals ガラスクリーナー
  • SOFT99 ウィンドウケア ガラスリフレッシュ

それぞれのアイテムで、特徴や得られる効果が異なります。

今回取り上げたアイテム以外も幅広く販売されているため、利便性の高いアイテムを購入したい人は参考にしてみてください😉

SOFT99 ウィンドウケア 窓フクピカハンディワイパー

SOFT99 ウィンドウケア 窓フクピカハンディワイパーは、グリップ式で様々な角度にフィットできるアイテムです。

ハンディモップのような感覚で、愛車の窓をメンテナンスできます。

また、ヘッド部分がしなる設計となっていて、フロントガラスのカーブに密着して拭くことができますよ。

Ichinen Chemicals ガラスクリーナー

Ichinen Chemicals ガラスクリーナーは、タバコのヤニや手脂汚れを除去できるアイテムです。

液体が高級アルコール配合となっていて、除菌や速乾効果があります。

外窓は使用前に砂ホコリを除去する必要がありますが、内窓はスプレー式で吹きつけるだけで手入れができますよ。

SOFT99 ウィンドウケア ガラスリフレッシュ

SOFT99 ウィンドウケア ガラスリフレッシュは、軽いウロコ取りに効果的なアイテムです。

頑固な汚れは、何度か作業を念入りに実施する必要があります。

簡易的な汚れの除去や日々のメンテナンス目的の方は、利便性が高いアイテムですよ。

まとめ

今回は、車における内窓拭きの方法や内窓拭きの注意点、おすすめアイテムについて解説しました。

注意点についても事前に知っておくことで、きれいな内窓で快適なドライブが実現できますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【大間違い】洗車って意味ない?洗車で得られる5つのメリットとは?【絶対すべき】

そして、YouTubeチャンネルではチャンネル登録者数4万人で600本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました