カーエアコンの嫌なカビ臭を10分で取り除く方法

車ネタ

こんにちわ。
YouTuberシルバーパールです。
今回のお話はYouTubeでも紹介したカーエアコンのカビ臭を取り除く方法を紹介しようと思います。
しかも0円たったの10分でできますので、すぐに試してみてくださいね。

カーエアコンからカビ臭がする原因

そもそもカーエアコンからカビ臭がする原因は何なのでしょうか。
実はエアコン配管の中にビッシリ繁殖したカビが臭いの原因なのです。
車の中、しかも配管の中だなんて一度繁殖してしまったらなかなか除去できなさそうですよね。
でもご安心ください。
今回紹介する方法を使えば誰でも簡単でしかも0円でかなりのカビ臭を抑制することができますのでぜひ試してみてください。

カビ臭を取り除く方法

いよいよカビ臭を取り除く方法の紹介です。

①車の窓を全て全開にする。
②エアコンスイッチをONにする。(A/CはOFFにしておくこと)
③温度設定を一番高温にする。
④風量を最大にする。
⑤これを10〜15分放置するだけ。

これだけでかなりのカビ臭がなくなるはずです。
車によってはカビ臭がなくなることも!!

簡単ですので今すぐ試してみてくださいね。

カビが発生する原因

カビの除去方法は先ほど紹介しましたが、そもそもカビの発生事態を抑制する方法はないのでしょうか。
おまかせください。
ちゃんと抑制する方法も紹介しますからね。
カビが発生する原因というのはカーエアコン配管の中に発生した結露(水滴)が原因です。
この水滴をエサにしてカビが発生するわけですね。
ならば水滴が発生しなければカビの発生が抑制できるわけです。

カビの発生を抑制する方法

カビの発生に必要な結露(水滴)を除去する方法ですが、車を運転し終えて停車しますよね。
この時に今から紹介することを行うとカビの発生を抑制することができます。
しかも時間はたった5分でいいんです。
それでは紹介します。

①カーエアコンのA/CをOFFにする
②温度設定を最高温度にする。
③風量設定を最大風量にする。
④これを5分放置するだけ。

最初に紹介したカビを除去する方法とほとんど同じです。
ドライヤーのように熱風で結露(水滴)を乾かすわけですね。
そうするとカビが大好きな水分がなくなるので発生を抑制できるわけです。

それでもカビ臭が除去しきれない場合

紹介した方法を試しても頑固なカビ臭が消せない方は、少しお金がかかりますがカーエアコンフィルターを交換することをおすすめします。
長い間、カビ臭を放置するとエアコンフィルターそのものにカビ臭が付いてしまうんですね。
そんな時はカーエアコンフィルターを交換することで臭いの元を完全に除去することができます。
値段も2,000円程度で取り替えも簡単ですのでぜひお試しください。

車種ごとに型番が違いますのでよくお調べになってから購入ください。
私の愛車ゼロクラウンの純正エアコンフィルター(DCC 1009)のリンクを貼り付けておきますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。どちらの方法も内気循環・外気導入どちらでもいいのですができれば外気導入で施工することをおすすめします。
それでも臭いが消えない場合はエアコンフィルターを交換して車内の空気を快適に保ってください。
臭いがしなくてもエアコンフィルターは一年に一度は交換することが推奨されていますので検討してみてくださいね。
それでは今後も楽しく幸せなカーライフをお過ごしください。

 

裏ワザ 車エアコンからのカビ臭を0円で取り除く方法 カビの発生を抑制する方法

 

タイトルとURLをコピーしました