車用腰痛クッションの選び方は?タイプ別の特徴や付いていると便利な機能も紹介

車を運転している人の画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車用の腰痛対策として、クッションを購入したいなあ。
インターネット上でも様々なアイテムが販売されていて、何を基準にして選べばよいか分からない。
車用クッションの選び方や、おすすめアイテムについて詳しく知りたいなあ。

腰痛持ちの方は、長時間のドライブが辛いと感じた経験はありませんか?

同じ姿勢で座ることは体に大きな負担がかかり、腰痛の悪化につながる心配がありますよね。

そこで、今回は車用クッションの選び方とおすすめアイテムについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車用の腰痛クッションにおけるタイプ

車の座席の写真

車用の腰痛クッションにおけるタイプは、以下の3種類があります。

  • 腰当てタイプ
  • 座布団タイプ
  • シートタイプ

それぞれの特徴を理解して、快適なドライブを楽しみましょう😉

腰当てタイプ

車の座席の画像

腰当てタイプは座席残しとシートの間にアイテムを設置することで、腰の負担を減らす効果があります。

また、シートと体の間に入れ込むだけなので、設置作業も必要ありません。

そして、姿勢の改善が期待できるアイテムも販売されています。

猫背や姿勢が悪いと感じている人は、腰当てタイプがおすすめですよ。

座布団タイプ

車の座席の写真

座布団タイプは、お尻にかかる負荷を分散できるアイテムです。

お尻の下に敷くことでクッションの役割を果たし、お尻周りの筋肉の硬直による腰痛を予防できます。

長時間のドライブでお尻の筋肉が凝り固まる方は、座布団タイプを利用するのが良いでしょう。

シートタイプ

車の座席の画像

シートタイプは、首から腰、お尻にかけて体全体をカバーできるアイテムです。

長時間の運転による首こりがひどい方は、シートタイプを活用することで緩和できます。

シートクッションは「低反発」と「高反発」の2種類が販売されています。

おすすめは低反発のアイテムで、体を包み込むことにより体の負担を軽減してくれます。

全身をサポートしたい方は、シートタイプを活用しましょう。

車用の腰痛クッションに付いている便利な機能

車の座席の写真

車用の腰痛クッションに付いている便利な機能として、以下の3つが挙げられます。

  • 温度調節機能
  • マッサージ機能
  • 洗濯が可能

腰痛クッションに付いている便利な機能を把握しておき、自分が理想とするクッションのイメージを膨らませましょう😉

温度調節機能

車の座席の画像

温度調節機能は、保温機能付きのモデルやファン付きのクッションが販売されています。

ファン付きのモデルは、夏場でも快適に運転できる環境が整えられます。

また、保温付きモデルの場合は冬場の寒い時期でも体が動きやすいため、スムーズに運転することができますよ。

マッサージ機能

車の座席の画像

マッサージ機能は体をもみほぐすことで、腰痛を直接緩和することができます。

また、マッサージ機能付きシートは取り外しが可能なタイプもあり、同乗者がいる時に使い回すことができて便利ですよ。

洗濯が可能

洗濯が可能な車両腰痛クッションを購入することで、清潔な状態を保つことができます。

アウトドア目的の場合はクッションの汚れが気になるため、洗濯ができるアイテムを購入しておくのが良いでしょう。

また、カバーだけを取り外しできるアイテムもあるため、購入前にきちんと確認しておくことをおすすめします。

おすすめの車用腰痛クッション【3選】

車の座席の写真

おすすめの腰痛クッションとして、以下のアイテムがあります。

  • LURE シートクッション
  • Kimori シートクッション
  • ランバーサポートクッション

今回取り上げたアイテムを参考にして、理想の腰痛クッションを探してみてくださいね😉

LURE シートクッション

LURE シートクッションは座高を高めに設定することで、慢性的な腰痛を和らげる効果があります。

腰痛持ちの方で腰痛が改善した声が、口コミに多く挙がっています。

長年の腰痛に悩んでいる人は、LURE シートクッションがおすすめですよ。

Kimori シートクッション

Kimori シートクッションは通気性が抜群に良く、季節に関わらず使用できるアイテムです。

滑り止めのシリコンは300度の高温に耐えられるため、同じアイテムを長期的に使用することができます。

また、車のシーツに設置するだけなので、調整する必要もなく使用できますよ。

ランバーサポートクッション

ランバーサポートクッションは、人間工学に基づいた自然の曲線を再現しているアイテムです。

体圧を均一に保つデザインとなっていて、背中や腰の負荷を軽減できます。

また、使用しているインナーカバーは柔らかい材質を採用していて、座り心地も抜群ですよ。

まとめ

今回は、車用クッションの選び方とおすすめアイテムについて解説しました。

車用クッションの種類や機能性を知ることで、体に負担なく愛車のドライブが楽しめるアイテムを購入できますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【大間違い】洗車って意味ない?洗車で得られる5つのメリットとは?【絶対すべき】

そして、YouTubeチャンネルではチャンネル登録者数4万人で600本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました