【塗るだけ】車のヘッドライトにこびりついた黄ばみをスッキリできる方法!

車のヘッドライトの画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車のヘッドライトの黄ばみを取り除きたいけど、具体的な方法について知りたいなあ。また、コスパ面で業者に任せるよりも、おすすめのアイテムを活用し、自分自身でセルフケアを続けていきたい。

愛車のヘッドライトが黄ばんでいると、夜間走行の光量不足だけではなく、安全に走行できないといった理由から、車検に通りにくくなる原因となります。

かなり劣化して黄ばんでしまう前に、コスパ良く日頃のメンテナンスを継続していきたいですよね😊

今回は、車のヘッドライトにこびりついた黄ばみをスッキリできる方法について紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車のヘッドライトにおける黄ばみの原因

車のヘッドライトが黄ばんでいる画像

車のヘッドライトにおける黄ばみの原因として、

  • ヘッドライト素材の特性
  • 経年変化や熱によるダメージ
  • ヘッドライトの傷

があります。

下記にて詳しく解説していきますね😊

ヘッドライト素材の特性

現在のヘッドライトの素材のほとんどはポリカーボネート樹脂素材が使われており、黄ばみやすい性質があります。

なぜなら、ポリカーボネート樹脂素材は衝撃時に破片が飛び散らない配慮がされている反面、紫外線に弱く傷つきやすい性質があるからです。

また、一昔前の時代においてはガラス製品が主流であり、黄ばみにくい製品でした。

現代の車は素材の特性上黄ばみやすい性質があるため、同時にメンテナンスすることも必要ですよ。

経年変化や熱によるダメージ

長期間同じ車に乗り続けている場合は、経年変化により熱にダメージを受けやすく、ヘッドライトが黄ばむ原因となります。

新車時はヘッドライトにコーティングがされていて、紫外線の影響を受けにくくなっていますが、経年変化によりコーティングが剥がれてしまうからです。

また、ヘッドライトの電球の高温が原因で、熱によるダメージで極みが進行するケースも多くあります。

コーティング剥がれた状態を放置していると、ヘッドライトの黄ばむ原因となりますよ。

ヘッドライトの傷

走行中の飛び石などが原因でヘッドライトに傷がつくことで、ヘッドライトの黄ばみの原因となる場合があります。

傷の中に汚れが付着し、汚れが黄ばみの原因となるからです。

少しの傷でも積み重なるとヘッドライトに曇りが生じてしまい、透明色から徐々に黄ばんでいきますよ。

車のヘッドライトでの黄ばみを自分で除去する方法

車のヘッドライトの黄ばみを除去している人の画像

車のヘッドライトでの黄ばみを自分で除去するには、アイテムを用意し、黄ばみを除去する具体的な手順について理解することが大切です。

下記にて詳しく解説していきますね😊

ヘッドライトの黄ばみ除去に必要なアイテムを用意する

車のヘッドライトでの黄ばみを自分で除去したい場合は、ヘッドライトの黄ばみ除去に必要なアイテムを用意します。

具体的には、各ネットショップで販売されているヘッドライトクリーナーを購入しましょう。

この商品はクリーナーだけではなく、専用のマイクロファイバークロスもセットとなっており、ヘッドライトクリーナーの購入のみで満足できる手入れができますよ。

黄ばみを除去する具体的な手順

次に、黄ばみを除去する具体的な手順について理解しましょう。

具体的な手順としては下記のようになります。

  1. 車を洗車し、ヘッドライトの水滴を拭き取る
  2. ボディに傷がつかないように、ヘッドライトの回収にマスキングテープを貼る
  3. 研磨剤を付属のクロスに付着させ、ヘッドライトを吐きながら磨いていく
  4. ヘッドライトを水洗いし、研磨剤を落とした後にタオルで水分を拭き取る
  5. コーティング剤をスポンジクロスに付けて、均一にヘッドライトを磨く
  6. 塗布後30分経過したら、マスキングテープを剥がす

手順通りに作業を進めていくと、意外と簡単にできますよ。

車のヘッドライトでの黄ばみにおすすめするアイテム【3選】

ヘッドライトの黄ばみを除去している人の画像

車のヘッドライトでの黄ばみにおすすめするアイテムとして、

  • KURE LOOX ヘッドライト クリア&プロテクト
  • シュアラスター 洗車用品 ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ
  • ペルシード ヘッドライトクリーナー&コーティング PCD-13

があります。

KURE LOOX ヘッドライト クリア&プロテクト

KURE LOOX ヘッドライト クリア&プロテクトは研磨剤が未使用なアイテムで、車の傷を心配せずにヘッドライトの黄ばみを落とすことができます。

また、力を入れてこする必要がなく、塗るだけで簡単に黄ばみが除去できますね。

コーティング効果は最長で2年間持続するので、耐久性の面で不安がある人は安心して活用できますよ。

シュアラスター 洗車用品 ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ

ゼロリバイブは反射・放出・吸収のトリプルコーティングによるUVカット効果があり、コーティング後のヘッドライトを、紫外線が原因の劣化から守れます。

また、超微細研磨粒子が含有されていて、汚れや劣化部分を磨くことで、小傷によるクスミも除去できますね。

全体的にスッキリとしたヘッドライトへ仕上げることができますよ。

ペルシード ヘッドライトクリーナー&コーティング PCD-13

ペルシード ヘッドライトクリーナー&コーティングは、スプレータイプで利用できるヘッドクリーナーです。

施工後に美しく艶があるヘッドライトになり、生まれ変わったような輝きある愛車へ変化できますね。

スプレーをヘッドライトに吹き付けた後、付属されているクロスで拭き取るだけなので、使い方も簡単ですよ。

まとめ

今回は、車のヘッドライトにこびりついた黄ばみをスッキリできる方法について解説しました。

日々のメンテナンスを工夫するだけでヘッドライトの黄ばみが改善できる事に、意外と思われた方も多かったのではないでしょうか。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【ユーザー車検】ヘッドライトが原因で車検が通らない!原因と対処法を解説

そして、YouTubeチャンネルでは現在500本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました