車を擦った原因や修理方法は?車を擦った時の注意点や修理先の違いも解説!

車の擦った傷を確認している男性の画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車を擦ったけど、何が原因で傷がついたのかわかっていない。
具体的な修理方法や修理費用、車両保険における使用の有無など、車を擦った原因から修復方法まで詳しく知りたいなぁ。

愛車に細かな傷がついていても、原因が特定できずに困ったことはありませんか。

原因を把握することで、具体的な修理方法を検討できますよね。

実際は、日常の運転時に車を擦るため、修理業者に依頼する必要があります。

そこで、今回は車を擦った原因や車を擦った時にやるべきこと、車を擦った時に注意すべきこと、修理先の違いについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車を擦った原因

車の擦った傷を確認している男性の画像

車を擦った原因として、以下の5点が挙げられます。

車を擦った原因 車を擦った原因の詳細
狭い道路の走行時 右折や左折の際に、塀や電柱などに擦れる
縁石や段差における走行時 バンパーやボディ下を傷つける
小石を巻き上げタイヤ周りを傷つける
ゴミや小石などが車体に接触する 走行時に小石や砂、ゴミ、
アスファルトのカケラ、昆虫などが接触
駐車中における荷物のかすり傷 駐輪場で荷物が擦れる
運転に慣れていない カーブでガードレールに擦る
駐車時の壁に擦る

狭い道路の走行時や駐車中、ゴミや小石などが車体に接触するなど、日常の運転時に車を擦ります。

定期的に目視で愛車をチェックする時間を設けて、擦り傷を確認しましょう。

車を擦った時にやるべきこと

車の擦った傷を確認している男性の画像

車を擦った時にやるべきこととして、以下の3点が挙げられます。

  • 車を擦った場所を確認する
  • 警察と保険会社に連絡する
  • 前向きに修理を検討する

自宅以外の場所で車を擦った場合は、事故現場を確認しましょう。

また、公共施設の駐車場や他社の所有地で擦った場合は、警察や保険会社へ連絡します。

そして、傷の度合いで修理の有無を躊躇しますが、傷を放置後によりサビの侵食を防ぐため、早めに修理しましょう。

車を擦った場所を確認する

車を擦った接触場所を確認しましょう。

住宅街の家屋や外壁、公共施設、他者の車と接触した場合は、事故現場の確認が必要です。

警察と保険会社に連絡する

公共施設の駐車場や他社の所有地で擦った場合は、周辺器具の破損や損失が考えられます。

万が一に備えて、速やかに警察や保険会社に連絡しましょう。

前向きに修理を検討する

車を擦った傷の度合いによって、修理の判断に迷う人もいるかもしれません。

塗装の剥がれ落ちは、放置後にサビが侵食する可能性があります。

万が一のためにも、早めに修理を依頼しましょう。

車を擦った時に注意すべきこと

車の擦った傷を自己修理している男性の画像

車を擦った時に注意すべきこととして、以下の2点が挙げられます。

  • 自己修理はおすすめしない
  • 自己修理は車検に通らない場合がある

自分で修理することによって、余分な傷を増やす可能性があります。

また、自己修理後の車はプロの目線から不十分と判断され、車検に通らない可能性があります。

自己修理はおすすめしない

自己修理は、余分に愛車を傷つける可能性があります。

修理業者より低価格ですが、傷の程度に合わせて修理道具が必要です。

また、自己修理における失敗は修理業者へ依頼するため、余分な時間と費用がかかります。

最初から修理業者に依頼することで、時短で安心して修理を任せられます。

自己修理は車検に通らない場合がある

自己修理した愛車は、車検に通らない可能性があります。

車の傷が直ったように見えても、プロの査定によって不十分と判断されるケースがあります。

不十分なら追加費用が発生するため、修理業者に依頼するのが無難でしょう。

車の擦り傷における修理

車の擦り傷を板金塗装業者に修理依頼している人の画像

車の擦り傷は、修理先によって違いがあります。

また、板金塗装業者などの専門業者に依頼することで、リーズナブルかつ低価格で修理できます。

そして、車の擦り傷は車両保険が適用され、補償を受けられます。

擦り傷の修理先における違い

擦り傷の修理先は「ディーラー」「カーショップ」「板金塗装業者」があり、各業者でメリットやデメリットが異なります。

修理業者 メリット デメリット
ディーラー メーカーの純正パーツを使用
比較的短期間の修理が可能
修理費用が高い
工賃が割高
カーショップ WEBやアプリから簡単に予約できる
※店舗ごとで異なる
身近に店舗が設置されている
一部の店舗は外車や改造車に非対応
修理品質が利用店舗ごとで異なる
板金塗装業者 低価格で高品質の修理が可能 業者によって修理分野や修理技術が異なる

費用を抑えたいなら板金塗装業者、高品質で安心感のある業者に依頼したい人はディーラーなど、目的別に修理先を選びましょう。

修理は専門業者に依頼するのがおすすめ

車の擦り傷は、専門業者に依頼しましょう。

自己修理も可能ですが、修理方法の学習や道具を購入する手間がかかります。

また、自己修理失敗後に修理業者に頼むことになれば、更なる出費が発生します。

修理費用が気になる人は板金塗装業者に依頼することで、リーズナブルな価格で車の擦り傷を修理できますよ。

車両保険は使える?

車の擦り傷は、車両保険が適用されます。

一般的な車両保険は、一般型と限定型に分かれています。

■チューリッヒの車両保険

事故の種類 ワイドカバー型 限定カバー型
火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮
他の車(原動機付自転車を含む)
との衝突・接触
相手自動車および運転者、
または所有者を確認した場合
相手自動車および運転者、
または所有者が不明の場合
(あて逃げなど)
×
車以外の物との衝突・接触
(電柱やブロック塀に自分でぶつけた場合など)
×
落書き、いたずら、窓ガラス破損

引用元:車の擦り傷や車を擦った修理代。こすり傷も車両保険で補償される?

電柱やブロック塀に自分でぶつけた場合において、「限定カバー型」は補償範囲外です。

車両保険の種類によって、車を擦った補償の適用範囲が異なる点に注意しましょう。

また、車両保険を使用することで、等級ダウンや更新後の保険料支払い額が増えます。

今後の保険料をイメージし、必要な際は車両保険を活用しましょう。

まとめ

今回は車を擦った原因、車を擦った時にやるべきこと、車を擦った時に注意すべきこと、修理先の違いについて解説しました。

車を擦った原因から具体的な対処法を一貫して理解することで、綺麗な愛車のボディを実現できますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

車のひっかき傷を補修する方法は?原因や傷のタイプ別に取り組める方法を解説

そして、YouTubeチャンネルではチャンネル登録者数4万人で600本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました