車の洗車で最適な頻度の見分け方は?愛車の洗車頻度をチェックする方法を紹介

車の画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車のメンテナンスとして洗車しているけど、どのくらいの頻度で洗車すればいいのだろう。
洗車しすぎると車体に傷が付かないだろうかと、正直気になっている。
理想の洗車頻度について、詳しく知りたいなあ。

日々のメンテナンスとして取り入れている洗車も、頻繁に行うと車体を傷つける可能性があるかもと、気になることも多いですよね。

しかし、車の使用度合いや保管場所、ボディの色に合った頻度で洗車すると、綺麗な車体を維持したメンテナンスが実施できます。

そこで、今回は愛車や保管場所に最適な車を洗車する頻度について解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

おすすめの洗車頻度は?

洗車している人の画像

理想の洗車頻度として、1ヶ月に1回がおすすめです。

最近の車はボディにコーティング施工をしている場合が多く、汚れをすぐ落とせるため、月に1度の洗車できれいな状態を維持できるからです。

また、使用状況や保管場所、ボディカラーで洗車頻度の調整すると、最適なメンテナンスが実施できますよ。

各項目ごとで、詳しく解説していきますね😉

車の使用度合いによるおすすめの洗車頻度

車の画像

車の使用度合いによる洗車頻度を紹介していきます。

愛車の利用状況に近いパターンを見つけて、洗車頻度の参考にしてみてくださいね😄

毎日使用する

自動車を通勤で使用する人や車移動の機会が多い人など、毎日自動車に乗る場合は、2~3週間に1回の頻度で洗車しましょう。

日々のドライブで自動車が汚れやすく、頑固な汚れが付着してしまうからです。

通常のセルフ洗車と洗車機を活用して、自動車の汚れを取り除きましょう。

週末だけ使用する

アクティビティや外出時など、週末だけ自動車に乗る人は月1回の洗車が効果的です。

汚れが酷いなら手洗いによる洗車、街のドライブでそこまで汚れが付着していないなら洗車機など、様々な方法を用いて洗車しましょう。

新車の場合

新車に乗っている人は月1回の手洗い洗車と、半年に1度程度のコーティングの両方を併用しましょう。

新車の場合は洗車機に入れて洗車するのは控えて、水流しやホコリ取りをこまめに行い、綺麗な状態を維持するのが大切です。

また、コーティングによってメンテナンス時期が変化するので、注意しましょう。

車の保管場所による洗車頻度

駐車している車の画像

車の保管場所による洗車頻度を紹介していきます。

当てはまる人は、是非参考にしてみてくださいね😄

屋外駐車場

屋外駐車場に駐車している人は、月1回をベースとして洗車しましょう。

屋外駐車場は砂埃や雨の影響を受けるため、洗車ペースが多少早まる可能性もあります。

基本的には月1回ペースのメンテナンスを実施し、汚れが酷い箇所や鳥のフンが落ちた場合などは洗車サイクルを早めるなど、車体の汚れがひどい場合に柔軟な洗車を取り入れましょう。

ガレージ(室内駐車場)

ガレージやマンションの地下駐車場などは、1~1.5ヶ月に1回の頻度で洗車を行いましょう。

屋外駐車場と同じように、自動車の使用頻度や使用方法などに合わせて洗車サイクルを調整し、綺麗な状態を維持しましょう。

カーポート

カーポートの場合は、洗車時期を見極めるのが難しくなります。

カーポートの種類によって異なりますが、一般的な雨は防げる程度のカーポートならば、1ヶ月に1回の洗車がおすすめです。

例外として、風の強い日の後や黄砂の時期に関しては洗車サイクルを少し早め、水洗いで砂埃を落とし、車のボディケアをしましょう。

ボディの色による洗車頻度

赤い車の画像

ボディの色による洗車頻度を紹介していきます。

愛車と近い色を見つけて、参考にしてみてください😉

黒や白

ボディ色が黒や白の場合は、洗車頻度を月に1回ペースにしましょう。

黒や白系の車体は傷が目立ちやすく、頻繁に洗車をすると傷が目立ちやすいからです。

黒や白の場合は、「汚れが目立ってきたら洗車をする」よりも、「汚れをつきにくくする」コーティング処置が大切です。

コーティングを併用すると、洗車の頻度も月1回で洗浄できるため、綺麗な状態を維持できますよ。

赤などのカラー系

赤などのカラー系は、2.5~3週間ごとの洗車タイミングを実施しましょう。

派手なカラーリングが印象的な自動車は、紫外線に敏感で車体が傷みやすいからです。

新車時は気付きにくいですが、長年使用していると、ボディの色褪せによる変化が大きく現れます。

上記の理由から、ワックス洗車でボディ表面を保護しておき、洗車頻度を高めるのがおすすめです。

シルバー系

ボディがシルバー系の車は、1.5~2ヶ月に1回くらいの洗車頻度でメンテナンスを実施しましょう。

シルバー系は他のカラーリングと比較して汚れが目立ちにくく、色褪せがしにくいカラーだからです。

汚れが目立ちにくい特性を活かして、少し長めの感覚で定期的な洗車を実施しましょう。

おすすめの洗車グッズ【5選】

おすすめの洗車グッズをご紹介していきます。

気になる商品を見つけたら、チェックしてみてくださいね😊

シュアラスター カーシャンプー ノーコンパウンド 1000ml S-30

シュアラスター カーシャンプー ノーコンパウンド 1000ml S-30は、満足できる泡立ちを実現できて、気持ちの良い洗車ができるアイテムです。

クリーミーな泡で優しく愛車を洗うことができます。

また、価格も700円前後で、リーズナブルな価格が魅力ですよ。

シュアラスター カーシャンプー

シュアラスター カーシャンプーは、洗うだけで瞬間的に撥水できるアイテムです。

泡立ちも良く、時短のメンテナンスが実施できます。

また、力を入れず滑らせる感覚で洗車ができるため、無理なく使い続けられますよ。

シュアラスター  ウォッシングスポンジ 2層タイプ

シュアラスター ウォッシングスポンジ 2層タイプは、波形のウレタンと汚れをつかめるゴム面の二面構造を採用し、様々な洗車に対応できるアイテムです。

水あかや虫汚れなど、頑固な汚れを洗浄したい時はゴム面を活用すると、手軽に除去できます。

また、側面が持ち手に馴染みやすいデザインで、使いやすさも抜群ですよ。

イノマタ化学 かしこいバケツ17L ブラック 幅360×奥行350×高さ300mm

イノマタ化学 かしこいバケツ17L ブラック 幅360×奥行350×高さ300mmは、踏み台としても活用できるアイテムです。

また、バケツの中に水の体積目盛りがあり、洗剤の希釈率通りで洗浄できます。

耐荷重が100kgで多少劣りますが、洗車時に使うなら便利ですよ。

HOTOR マイクロファイバークロス

HOTOR マイクロファイバークロスは抜群の超吸水性と超速乾性を併せ持つアイテムで、実用性が高く洗車で使いやすいタオルです。

また、手で持った感覚が分厚く、拭き取り時にベストなサイズを実現しています。

そして、洗車以外の家電製品や家具、窓ガラスなど、日常生活の幅広い用途で使用でき、掃除全般で活躍できるアイテムですよ。

まとめ

今回は、車を洗車する頻度について解説しました。

同じ洗車を行う場合でも、少しのポイントを押さえておくだけで、車体が傷みにくいメンテナンスを実施できますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【大間違い】洗車って意味ない?洗車で得られる5つのメリットとは?【絶対すべき】

そして、YouTubeチャンネルでは現在500本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました