車が盗まれる手口はどんなものがある?実際の盗難データやできる対策を紹介!

車の画像 車のお役立ち情報

皆さんこんにちは!車系YouTuberのシルバーパールです😊

車が盗まれる可能性があることを知り、近年多い手口を知った上で事前に対策をしておきたいと考えている。
今から取り組める効果の高い盗難対策や手続きなどについて、具体的に知りたいなあ。

大切な愛車が盗まれる前に事前に対策しておき、盗難被害を予防しておきたいですよね。

盗難被害はある程度の対策を講じておくと、窃盗する方でも簡単に盗めなくなり、何もしていない車より十分な対策となります。

そこで、今回は最近多い車における盗難手口と、具体的な対処法について解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね😄

車の盗難件数における現状データ

車の画像

車の盗難件数の盗難被害や盗難発生時間帯について、紹介していきます。

現状のデータを参照し、車の盗難に対する認識を持ちましょう😉

車の盗難被害は減少傾向

車の盗難件数における現状データを紹介していきます。

車の盗難被害に関するデータを掲載した画像

引用元:ランドクルーザーが車名別盗難ワースト1~「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表~

車の盗難被害は、近年において減少傾向にあります。

参照画像の合計欄を確認すると 2019年から2021年までに被害総数が減っています。

過去よりは車の盗難被害は少なくなっていると言えますが、下記で紹介しているように、近年の手口は巧妙化していて、油断はできません。

盗難発生は深夜から朝の時間帯が多い

車の盗難発生は深夜から朝の時間帯が多くなっています。

車の盗難における時間帯のデータをまとめた画像

引用元:ランドクルーザーが車名別盗難ワースト1~「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表~

薄暗い場所で盗難手口を働くことが多いようです。

日中時間帯も多少の被害割合がありますが、深夜から早朝の時間帯は2倍の割合に増加しています。

深夜から早朝にかけては睡眠中の方がほとんどなため、事前に対策をしておくことが重要と言えますね。

車が盗まれる手口

盗難を行っている犯行現場の画像

車が盗まれる手口は、以下の3つがあります。

  • 車に直接侵入する
  • イモビカッターを使用する
  • リレーアタック

また、盗難被害に遭った時の対処法として、警察へ盗難届の提出と車の一時抹消登録を行うことが大切です。

それぞれについて、詳しく解説していきますね😉

車に直接侵入する

停車中の車に直接侵入し、車を盗み出す手口です。

主な被害として多いのは、コンビニエンスストアの駐車場で一時停止中の車や、窓の隙間から針金を差し込み、ロックを解除する、ハンマーでガラス窓を割り侵入するなどの手法があります。

手口の中でも、窓ガラスを割る場合は、防犯対策を徹底していても、盗難を防ぐことは難しいと言えます。

イモビカッターを使用する

イモビカッターを使用して、車を盗難する手口も多発しています。

イモビライザーは、キーと車両それぞれのID情報が一致することで、エンジンがかかるといった機能です。

しかし、イモビカッターは機器で車両側のID情報を書き換えることが可能で、非正規のキーに書き換え後のIDを登録すると、エンジンを始動させられます。

リレーアタック

リレーアタックは、近年の乗用車に多く装備されている「スマートキー」という施錠・始動方式が出力する微弱な電波を感知し、ロックやエンジンスターターを動作させる仕組みです。

使用者が自宅で保管しているスマートキーから、常時微弱電波が出ており、微弱な電波を増幅させる装置を屋外から使用することで、駐車スペースにおける車のロックを解除し、エンジンを始動させることで、簡単に車を盗むことができます。

盗難被害に遭った時の対処法

万が一、車の盗難被害にあった場合は、警察へ盗難届の提出と車の一時抹消登録を行っておきましょう。

盗難届を提出することは、盗難車が犯罪や不正行為に関与していたケースで、所有者が被疑者となる可能性があるからです。

警察署に連絡をした後で署へ出向き、指示に従い盗難届を提出します。

また、盗難届を提出する際は、車検証に記載された車両情報が必要です。

盗難時は車検証が盗難された車内に保管していて手元にないため、あらかじめコピーを用意しておくのがおすすめです。

そして、保険の手続きを行う際は、被害届の受理番号が必要な場合があります。

車両保険を契約中の方は、保険会社に連絡を取る場合に、被害届が受理されたタイミングで受理番号を控えると、後から困りません。

車検証のコピーと被害届の受理番号を、事前に用意しておきましょう。

車が盗まれる前に予防する方法

車の画像

車が盗まれる前に予防する方法として、以下の2つがあります。

  • 駐車場の盗難対策
  • 防犯対策グッズやシステムの活用

それぞれについて、詳しく解説していきますね😉

駐車場の盗難対策

防犯カメラの設置や人の侵入を感知するセンサーライトの設置が、駐車場の盗難対策として有効です。

防犯カメラは異常時の映像を記録することが可能で、犯人追跡の手掛かりが得られます。

センサーライトは、周囲を自動で明るく照らすことによって、無人でも犯人を警戒させることができるアイテムです。

防犯対策グッズやシステムの活用

車の防犯対策に取り入れられるグッズ用品として、「ボディカバー」や「ハンドルロック」「タイヤロック」があります。

防犯対策グッズは簡単に取り入れられるだけではなく、意外に効果的な盗難対策です。

犯人は盗むまでに手間や時間がかかる対象は狙わない傾向があり、カバーを剥がす工程が加わるだけでも、犯行への抑止効果につながります。

防犯対策グッズやシステムを活用し、愛車を守りましょう。

まとめ

今回は、最近多い車における盗難手口と、具体的な対処法について解説しました。

最近の手口の仕組みについて理解しておくことで、最善の対策が実施できますよ。

本記事が、少しでもお役に立てると幸いです。

また、シルバーパールブログでは、車に関連している悩みを解決できるヒントについて、掲載しています。

下記の関連記事についても、興味のある人はぜひご覧くださいね😉

【大間違い】洗車って意味ない?洗車で得られる5つのメリットとは?【絶対すべき】

そして、YouTubeチャンネルでは現在500本以上の動画を投稿しています。

動画内では、私シルバーパールがドライブ中の動画で元気に語っているので、ぜひご覧ください(笑)

他には、LINETwitterInstagramでも日々投稿しておりますので、そちらもよろしくお願いします!

それでは今回の記事はここまで!

また次の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました