どっちが正解?車の前期と後期それぞれのメリット/シルバーパール調べ

車ネタ

お久しぶりです。
YouTuberのシルバーパールです。
今日は動画でもお話した車の前期・後期について私なりの考え方を紹介しようと思います。

前期と後期の違いとは

だいたいの車には前期型と後期型が存在します。
中には、前期のみで生産中止になったものや逆にマイナーチェンジを何度も繰り返し中期型なんてものも存在します。
このマイナーチェンジ(お化粧直し)で前期型に修正や変更点を加えたものが後期型になります。
つまり、修正や変更前が前期型であり変更後を後期型と呼ぶのですね。
車によっては前期型の面影がなくなるものもあり、そんな車をビッグマイナーチェンジといいます。

こちらはデリカD5の前期と後期ですが面影がありませんね。
そんな時は車としてのシルエットを見ると同じ車だということがわかると思います。

前期・後期それぞれのメリット

前期が悪いとか後期が悪いとかそういったものはありません。
今回はそれぞれのメリットにスポットライトを当ててみていきましょう。

前期型のメリット

・モデルサイクルが長い
前期型は車がフルモデルチェンジしてすぐになりますので次のモデルになるまでの期間が長いんですね。つまり型落ちになるまでが長いので現行型に乗っているという優越感は前期型の方が長く味わうことができると言えます。

・先代型に比べて進化が大きい
こちらもフルモデルチェンジしたばかりなので先代型から一新されているわけです。
つまり色んなものがかなり進化している可能性が高いわけですね。
車によってはエンジンが一新されている場合もあります。

・見た目が目新しい
これも当たり前ですがモデルチェンジするわけですので、車としての車格やサイズといったものが先代に比べてかなり変更されている可能性があります。
車によっては、キープコンセントといってほとんど見た目を変えないモデルチェンジも存在しますが中身の進化は確実にしていますので前期型の特権ではないでしょうか。

後期型のメリット

・車としての完成度が高い
後期型のメリットとして完成度の高さが言えるのではないでしょうか。
先述したように前期型に改良や修正を加えたものが後期型ですので、前期型で発覚した不具合点やデザインに至るまでの色んな箇所を修正することができます。
車によっては人気のなかったグレードを廃止して人気グレードに絞るなんてことも行われたりします。つまりその型の車として完成形が後期型といえるわけですね。

・前期型で不評なものは改善できる
これも先ほど例にあげたように人気のないものを廃止したり、ライバル車で採用されている人気の装備等を付け加えることが可能になるわけです。
なので後期型になればなるほど、時代の良いところを取り入れることができるわけですね。

・安全装備等の先進装備が装備される
これは場合によりますが後期型を売るためメーカーはあえて前期型に一部の装備を装着しないなんて話も聞いたりします。
この話は本当か分かりませんが、後期型になればその時代の先進装備が増える事は当たり前な気もします。なのでより安全なのも後期型といえるのではないでしょうか。

まとめ

前期型・後期型それぞれのメリットを見てきましたが車は後期が正解とか前期が間違いなんてものはありません。
筆者は色んな車に乗ってきましたが前期も後期も良いところがたくさんありました。
そしてデザインが後期になって改悪されたなんて話もよく聞く話です。つまり車はそれぞれの好み二よる!これに尽きるわけですね。
なので前期だから負けているとか後期だから勝ちとかそういったものはありませんので前期乗りの方も後期乗りの方も誇りを持って愛車に愛情を注いであげてくださいね。

今回の話もYouTubeに動画アップしていますので画像付きで楽しみたい方や声で聞き流したい方はぜひシルバーパールの動画をお楽しみくださいませ。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

結局どっちがいいの?前期型と後期型それぞれのメリット
タイトルとURLをコピーしました